Strange Days

HOME > Strange Days : | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 483 | 484 | 485 || Next»

2017年2月22日(水曜日)

”国立食堂”は実在するのか

思考 23:41:00 天気:くもり
 ”国立食堂”は存在するのだろうか。いや、”くにたち食堂”ではなくて、日本政府が運営する食堂という意味で。
 もちろん、様々な施設に付随する飲食施設は大量にある。しかし、単独で存在する、まさに飲食店舗という形態でのそれは、果たして実在するのだろうか。
 国家が飲食店舗を経営する動機はあると思う。厚労省辺りなら、国民の栄養状態を改善するためという大義名分で、運営できそうに思うのだ。実際、共産主義国家などでは、そういう事業が実在したらしいし。
 今の日本で、そういう大義名分は成立しにくそうだとも思う。しかし、終戦直後だったらどうだろう。何もかも物資が乏しかったあの時代、国民の栄養状態を、という名目で国立食堂があったりしなかったのだろうか。
 厚労省の史実を拾ってゆけば分かりそうだが、まあ実際のところ疑問を抱いたものの、どうでもいい疑問だったので放り出したところ。とりあえず、疑問の一つとして世間に打っ棄っておく。
No comments

2017年2月21日(火曜日)

GW旅行の詳細を決める

, 自転車 ( 自転車旅行検討 ) 21:47:00 天気:晴れだ
 そろそろ焦燥感に浮かされ始めたので、GWの日程を決めて、宿を取っておいた。
 種子島、屋久島ともに、そう簡単には遠征できない場所なので、それぞれ3泊、2泊する。
 種子島は、まず西之表から上陸して北上、北端を回り、西之表の反対側にあるコテージで宿泊。翌日は南下し、JAXAな近辺を回って南部の宿で一泊。最後に西岸を走って、また西之表に泊まる。これは、翌朝早くのフェリーで、屋久島に渡るため。
 屋久島には5時台のフェリーで渡り、8時台につく。屋久島でも3泊するが、1泊分は島周回のために真南に取って、2泊分は宮之浦に(連泊するが同じ宿を取れなかった)。これは、屋久島を動き回る日を確保するため。山に入らないと、有名な屋久杉には会えないので。
 この前後に鹿児島泊がある。これで日程がはまったので、走っている途中に何を見て回れるか、今から検討だ。
No comments

2017年2月20日(月曜日)

オリンパスの12-50mmを買ってみた

デジタルカメラ 23:14:00 天気:くもり
 軽いカメラには、軽いレンズが欲しい(挨拶)。
 オリンパスのEM-5iiは、軽くていいカメラなのだが、使っているレンズ、14-150mmはそうでもない。28-300mm相当で防塵防滴、なのにこのサイズというのは確かにありがたいが、しかし絶対的な長さがあって、旅行には連れて行きにくい。
 μ4/3のレンズとしては、パナのものも持っているのだが、14-52の3倍ズームはPDで、ちょっと太いし、防滴でもない。本体に合わせて防滴で、手頃なのはないものか。
 オリンパスで探すと、お高いプロレンズに12-40mmがある。写りに定評あるものの、とにかくでかくて重い。2.8通しでこのサイズなら御の字だろう? とか言われそうだが、使いたいのは自転車ツーリング。写りより軽さを取りたい。
 そうやってAmazonを見ていたら、普及帯のレンズに12-50mmというのがある。もちろん2.8通しではないし、望遠端はF6近くで暗いのだが、防塵防滴なのだ。なんといっても安い。えっ、2万円しないの?
 どうも、F値が暗い点を敬遠されているようだ。でも、吾輩が使いたいのは、自転車乗っている時。つまり野外だ。少々暗いレンズでもいい。
 というわけで、スパッと発注した。超広角域から使えて便利そうなレンズだが、実物はどんなんだろうか。
No comments

2017年2月19日(日曜日)

早速、Wolffenpackを使ってみる

暮らし , デジタルカメラ , モノ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 21:07:00 天気:快晴
よし、Summitを背負って境川に行ってみよう!
 このバッグの利点は、大きなものでもバッグで背負い、バッグごと前に回して簡単に取り出せる、という点だ。そうやって使いたいもの筆頭は、カメラだろう。保護を考えるとバッグ内に入れておきたいが、さっと手に取って取りたくもある。Wolffenpack Summitは、そういう使い方にはうってつけだ。特に首に下げるには適さない、望遠を着けた時なんかは。
 バッグに、パナの100-300mmを着けたEM-5iiを放り込み、ピナレロくんを境川に走らせた。ビオトープで鳥を狙う。
nullnullnullnull
 いやまて、こういう腰を落ち着ける用途では、別に普通のカメラバッグでいいじゃん。サドルに腰かけたまま、バックパックを覗き込める点に価値があるんだから。というわけで、評価はまだだ。
 ピナレロくんで走る境川は、かなり明るい雰囲気になってきた。鉄塔ポイントに沈む夕日も、冬の物寂しさが薄れている。でも、湘南台の田んぼ越しに見えた家の明かりに温かみを感じる時、冬の寒さもまだまだ感じるのだった。
No comments

2017年2月18日(土曜日)

Wolffenpackを入手

モノ 23:48:00 天気:晴れ
 本日、東京西部に侵入。売人K氏より、無事にブツを受け取った。
 いやさ、単にこば氏がKickstarterに発注してくれた物を受け取っただけなんだけど。
 物はWolffenpackという新興メーカーのバックパックだ。既に市場に一般売りしているが、今回受け取ったのは新作。Summitという防水性の高い、ウィンタースポーツ向けモデルだ。
 このバッグ、一見するとただの中サイズバッグに見える。だが、あることをすると、こうなるのだ! 右肩のショルダーベルトに沿ってケーブルが渡されており、先端にロックを解除すると、ベースとバッグ部とを紐3本が伸び、こんな風に動かせるのだ。使い方に癖はあるが、これはなかなか便利だ。ショルダーベルトを外すのは、結構手間だからだ。
 このSummitは、20l弱と容量的には心もとないが、ポケットの乏しいサイクリング衣類では、非常に便利に使えそう。問題は、やや重量があることだが、それを上回るメリットを感じる。バッグさえ体の前に回せれば、自転車にまたがったままでも、簡単に中のカメラなどにアクセスできそうだ。防水性の高いバッグ部は、サイクリングとの相性がいい。
 とりあえず、近々に迫ったしまなみ縦走で使いたいところだ。
No comments

2017年2月17日(金曜日)

ATOK2017購入するぞ

コンピュータ 23:12:00 天気:晴れだ
 Chrome Bookだ。参照主体なだけでなく、ある程度生産的な行為にも関わるとすれば、キーボード付のこいつは気になる。PCより取り回ししやすいとすれば、特に。
 しかし、PCだって軽量省電力化が進んでいるわけだし、値段もピンきり。なんてったって、IM選択の幅が広いのが、PCの強みだ。生きた語彙を求めるならGoogle IMだし、文法や語彙のチェック機能を求めるならATOKだし。そしてそれらが揃っているのが、Windowsだ。PCじゃないと戦えない世界が意外に広いということだ。今のところ、Chrome Bookがいかに魅力的に見えようが、使い方としてはAndroidにキーボードを組み合わせたくらいのものにしかならない。
 そういうわけで、PCは手放せないし、IMも新しいものじゃないとつらい。ATOKは2017にアップデートされたばかりだ。今は2015を使っていて、1世代待ったので、そろそろアップデートしたいと思っている。ディスカウントがあったら、すぐ手を出すだろう。
No comments

2017年2月16日(木曜日)

今日はRazer Blade Stealthで戦う

暮らし 22:20:00 天気:温暖
 今日も帰りはサンマルクでバトルポエミングだ*1
 リソースリッチなRBSは、しかしそれほど重くないので、最強のカフェービジネスツールになれる。もちろん、俺はポエムるだけだが。今日もがっつりポエムって、帰宅した。しかし、明日は、あえて低スペック機でポエムりたいな。低スペック機に漂うエレジーが、創作意欲を掻き立てるのである(そうなのか)。
No comments

2017年2月15日(水曜日)

金正男暗殺

思考 21:39:00 天気:晴れ
北鮮はテロ国家だからなあ。アメリカがそう言うからじゃなくて、まさにテロを躊躇なく使うならず者国家だから、今回もさもありなんと思う。青瓦台襲撃未遂事件にせよミャンマー韓国要人爆殺テロにせよ大韓航空機爆破事件にせよ、卑劣な手段を用いることに何らの忌避もない連中だ。こんな連中を信じることは出来ない。交渉そのものが北鮮を利するだけだろう。だから相手にするな、では無くて、よほど厳しい条件を飲ませないと(特に非核化については)、とても交渉に臨めないだろう。
 それはさておき、金正男が日本人受けしたのって、親日家かどうかはともかく日本のコンテンツに理解があって、日本語も堪能で、ユーモアもあったからだろう。すると、極悪非道と見られる金正恩に実はヲタク文化に対する親和性があったらどうなる……? 意外に、本当にあるかもしれない。奴だって、スイスで青春のひと時を過ごしたわけなんだから。
No comments

2017年2月14日(火曜日)

煮干しの日に室戸ツーリングを顧みる

, 自転車 22:01:00 天気:晴れだ
 今日は煮干しの日だ。国会で青島幸男が決めたからそうなのだ。
 そんな煮干しの日に、もちろん室戸ツーリングの総括をするのだ*1
 今回は、ポケロケにキャラダイスSQRバッグ一つで走ったが、難なく賄えた。これは徳島の宿で洗濯できたからだが。しかし、以前に比べて電子機器類が集約されてきたので、ずいぶん身軽に感じる。
 牟岐~徳島間を走れなかったのは残念だ。次に徳島に行った時に、機会があれば埋めたい。しかしこれで、四国南岸で残すのは、高知駅~高知空港間だけになったな。いや、海岸線という意味では四万十川辺りはまるで走ってないが、気分として。
 徳島はなめていたが、かなり面白い土地だ。大鳴門橋はまあ、1回見ればいいやだが、大塚国際美術館は、もう1回、今度こそじっくり見て回りたい。あの体験は、他の美術館ではそう味わえないものだ。
 次に来たなら、大塚国際美術館だけじゃなくて、吉野川沿いにも走りたい。むしろ、大歩危小歩危あたりから走ってみたいな。あの辺でも意外に高度はなく、電車も通っているくらいだ。
 総括すると、高知は結構網羅したので、次は徳島と、宇和島から南辺りを走りたい。
No comments

2017年2月13日(月曜日)

高知~室戸岬~徳島ツーリング4日目

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:09:00 天気:晴れ
 さあ、お家に帰るのだ。その前に、眉山には登っておこう。
[続きを読む]
No comments

2017年2月12日(日曜日)

高知~室戸岬~徳島ツーリング3日目

, 美術館 23:09:00 天気:晴れ時々曇り(寒い)
徳島についた3日目。高知~牟岐は意外に消耗したので、今日はのんびり、バスで大鳴門橋を見にゆくつもりだった。ところが、「その前に」と大塚国際美術館に立ち寄ったのが、悲劇と恍惚の始まり。 [続きを読む]
No comments

2017年2月11日(土曜日)

高知~室戸岬~徳島ツーリング2日目

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:53:00 天気:晴れ
大きな目的の室戸岬訪問は眼の前。意外にただの岩礁だった。その後は、徳島までなんとかしてゆくだけだ。 [続きを読む]
No comments

2017年2月10日(金曜日)

高知~室戸岬~徳島ツーリング初日

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:55:00 天気:晴れ
今日は高知空港に飛び、室戸岬に向かう。風向きが良いことばかりを祈っていた。 [続きを読む]
No comments

2017年2月09日(木曜日)

雨が雪に変わる

暮らし , 自転車 ( 自転車旅行検討 ) 21:47:00 天気:雨と雪
 明日からの室戸岬サイクリング、室戸までは追い風を背負っていけそうな予報だ。問題は二日目、室戸を回ってからだ。まあ、ある程度走ると鉄路でのエスケープが可能になるので、それを睨みつつ走ろう。
 今日は昼から雨がそぼ降っていたが、夕方には雪に変わった。雪かよ……。幸い、高知県はいい天気が続きそうだ。雪の中のサイクリングは、流石に願い下げだから。
No comments

2017年2月08日(水曜日)

宮古島に行くことになった

暮らし , 自転車 ( 自転車旅行検討 ) 23:32:00 天気:晴れ続くよ
 急な話だが、4月に宮古島に行くことになった。
 いつもの、こば氏のお誘いだ。沖縄方面に行ったことがなかったので、非常に楽しみ。
 しかし、本島の前に先島に行くことになるな。本島にも、そのうちに行きたいものだ。
 今日はストレスフルな仕事にやられ、帰りは10インチ中華パッドでサンマルクに突入。しかし早々に切り上げ、帰宅。amazon物資が着弾するからだ。
 来たのは、新しいバリカン。日立のものを買った。前のパナのものは電池が劣化し、もう1回刈る時間保たなくなったので、買い替えた。長い間、ありがとうな(そして容赦なくゴミに出す)。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 483 | 484 | 485 || Next»