Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 || Next»

2004年9月04日(土曜日)

またデジカメが逝っちゃった

デジタルカメラ 22:57:00 天気:相変わらず雨だな
 ところで、折り返した休憩所で気づいたのだが、デジカメ(MZ3の方な)が使えないじゃないか。電源ボタンを押しても、一瞬インジケータが点滅するだけで、すぐに落ちてしまう。レンズもせり出さない。おかしいな、充電したばっかりのはずだが。
 帰宅して、電池に充電してから、もう一度試してみた。やはり同じ。ダイヤルで撮影モードを切り替えても同じだ。これはもう、本格的に壊れたか。
 思えば、コイツはかなり悪条件で使い続けていた。首からぶら下げて、携帯電話ともどもレーシングジャケットの下にぶら下げたり、雨の中で使ったり。直接濡らしたことは無かったが、湿度の高い状態で使い続けていた気がする。これは使い方が悪かったか。D70のようにたすき掛けにして、外気にさらしておけば、もう少し長持ちしたかも。それにしても1年3ヶ月で壊れたのは痛い。保証期限切れやんけ。
 どうしようかな。前から、コイツの後継機はどうするか考えてはいた。どうせメモ撮り用途なら、携帯に統合してしまうのも一つの手だ。綺麗な写真を撮りたいというのなら、もうD70がある。D70を買ってから、コンパクトデジカメで大きくて綺麗な画像を、とは考えなくなった。むしろ、そこそこの画像を、たくさん、思いついた瞬間に撮れるのがいい。だから少量のメモ撮りは携帯電話のカメラに任せ、多量のスナップ写真を撮れる小型薄型の機種と併用するつもりだった。
 しかし、今すぐにINFOBARを他の機種に替えるつもりは無い。それは後回しにして、スナップ写真向けの薄型機を買うべきだろうか。そう思って、インターネットで情報を集めてみた。
 条件がいくつかある。一つはCFを使えること。手元にCFが何枚かあるので、これを生かしたい。また画素数が多すぎるのも避けたかった。暗い写真が増えてしまうし、どうせ撮った写真を見る環境は1600*1200の画面なのだから、これ以上のものは現状では無意味だ。そもそも、ウェブに掲載するときには、リサイズしてしまうのだし。
 そういう条件で探してみると、CFを使える機種は、もうキヤノン、ニコンの両巨頭くらいしかいないことが分かった。他は軒並みSDだ。SDは使いたくないな。あんな小さなカード、いつの間にか失くしてしまうに決まっている。
 その両メーカーでも、目が行く下位機種は、既にSD化が進行している。ある程度の大きさを確保できる上中位機種にしか無いようだ。これは思案のしどころだ。薄型軽量機となると、結局500万画素クラスしか残りそうに無い。
 ところが、情報を集めているうちに、全然別のクラスの機種に目が行くようになった。今まで全く視野に入れてなかった、防振機構内蔵の機種だ。
 松下やコニカミノルタの機種は、やはりSDなので微妙だが、キヤノンの1機種、Powershot S1 ISに目が留まった。CFなのはもちろんだが、300万画素級というのも好感できる。ちょっと大きいかなと思われるが、今使っているMZ3に較べ、それほど巨大というわけでもない。たぶん、E950よりも小さいのではないか。D70に較べたら問題にならない。
 防振機構に目が行くのは、夜にフラッシュライトを使いたくないという事情がある。夜のスナップ写真でフラッシュを焚くのは避けたいのだが(特に室内では)、そうするとシャッタースピードが遅くなるので、手ブレがひどくなってしまう。これで失敗したことが嫌になるほどある。作例を見ても、その点での改善が著しいようだ。
 もう一つ、既に同じキヤノンの防振双眼鏡、18*50ISを持っているから、その見え方の凄さが良く分かるというのもある。この双眼鏡を手に入れた時、もうこれと適当な望遠鏡だけでいいと思った。実際、星見の趣味への投資は、これの入手を以ってほとんど終わってしまったくらいだ。
 このS1、動画も撮れるという点が高ポイントだ。次期コンパクトデジカメには、動画機能も欲しいと思っていたのだ。
 最後に、意外に低価格らしい点もそそられた。実売は5万円以下。例えばヨドバシカメラで買うと、53000円弱に15%還元がつく。手が出そうだな。
 明日は、雨なら横浜の、雨が上がれば町田のヨドバシカメラに出かけて、現物を見てこようと思う。
No comments

2004年5月15日(土曜日)

おもしろレンズ工房をさらに使ってみる

デジタルカメラ 21:45:00 天気:曇天
 鎌倉からの帰路、エンパイヤホテルを標的に、標準レンズ(18-70mm)120mmマクロとの撮り比べをしてみた。
 薄曇り、夕刻という条件で、やや光量が厳しかったが、シャッター速度1/250秒、ISO感度200でこういう絵を得られた。やはり70mmよりはかなり望遠気味になるな。こういう状況だと、手ブレの影響を排除するのが難しかった。黄昏時、暗い曇天での使用には疑問符がつく。というか、標準レンズでも暗めになるのが気にかかるな。
 マクロ性能も較べてみた。標準レンズ120mmマクロ。これはさすがにマクロレンズの圧勝だ。距離的には変わらないのだが、倍率がまともに現れている感じ。しかし、マクロレンズの紙のように薄い被写体深度は面白いかも。
 そう言えば、400mm望遠は、まだ一度も試してないな。急いで帰宅し、かなり暗くなった東の空の元に見える電柱を、手持ちの全てのレンズ(といってもおもレン3本、標準レンズ1本だけだが)で狙ってみた。これはさすがに三脚(双眼鏡用に買った、ハクバの中型)に載せて撮った。
 標準レンズのテレ端側20mm120mm400mm。400mmは、やや暗い画像だが、係留線を止める金具の下に見えているバンド(細いケーブルと重なっている部分)を止めるボルトまで見えている。かなり悪い条件だったのに、そんな物まで見えてびっくりだ。
 なんか、意外に高性能なんじゃないの? 少なくとも、3000円程度のレンズにしては、というのが感想だった。とはいえ、使いこなすまで、いろいろ苦労をせねばならないレンズなのも事実だ。今回も、シャッタースピードで四苦八苦した。逆に、それ以外に苦労するところは少ないともいえるのだが、DXレンズのお気楽さとは、較べるべくもない。
 次は、もっと良い条件、明るい空の下で、使ってやりたいと思う。
 ところで、今日の画像を編集するのに、Nikon Viewというアプリを使ってみた。Nikon製品を持っていれば(シリアル番号を聞かれる)無料でダウンロードできる物だ。一覧表示、簡単な画像処理が可能で、今まで旧バージョンのPhotoShopLEでやっていた画像処理が簡単になった。かなり便利。ただし、メモリをこれでもかというくらい使うためか、一度使用中にハングアップしたことがある。というわけで、少し怖々使用中だ。
No comments

2004年5月11日(火曜日)

レンズ到来

デジタルカメラ 23:22:00 天気:えらい晴れてます
 今日は届く物があるので、早めに帰宅した。帰宅して程なく、クロネコヤマトの人がそれを届けてくれた。モノは、ニコンのおもしろレンズ工房だった。これ、絞りを省略するなど、思い切り簡素化を図り、3本セットで2万円以下という価格を実現した物。ニッコールを名乗れないが、これもれっきとしたニコンのレンズだ。ニコンのオンラインショップで、アウトレット扱いで1万円という価格で売っているのだ。これは遊べそうじゃないか。
 このセットは魚眼的広角レンズ(単にものすごく歪むだけ)、マクロ兼ソフトフォーカスレンズ、望遠レンズの3本で構成されている。
 まずぎょぎょっと20。本当にこういう名前なんだな。可変絞りはなく、フォーカスリングも無い。パンフォーカスなのだ。マニュアル露出を初めて使う。試行錯誤して、とりあえず得たのがこの画像。ご覧の通り、すげえ歪みである。標準レンズ18-70mmの広角端で撮ったのがこの画像。当たり前だが標準レンズの方が広角で、歪みも少ない。この20mmはD70には旨味がなかった。
 続いてぐぐっとマクロ/ふわっとソフト。このレンズは特殊で、画像の横に見えている小さな筒を内部に接続している状態が標準でマクロレンズ、外した状態ではソフトフォーカスレンズになる。これも可変絞りはなく、単純な合焦機構があるだけだ。
 マクロではこういう絵になった。もっと寄れるのだが、どうもピントが出ない。マニュアルフォーカスなんてまだ数えるほどしか使ったことが無いので、慣れてないせいもある。夜の室内で、光量が厳しいこともあるだろう。手ブレがどうしても出てしまう。昼の屋外なら使えるのでは?
 ソフトフォーカスモードではこういう絵になった。これはなんだか面白い写真を撮れそう。まあ滅多に使うことは無いだろうが、3000円強のレンズと考えれば、滅多にでも出番があるのは歓迎だ。雨の時期、花を撮って回るといいかも。
 どどっと400は400mm/F8相当の望遠レンズだ。筒が2重になっていて、内筒を外筒から引き出すと、撮影可能状態になる。こんな凶悪な格好になるのだ。もちろん可変絞りはなく、ピントリングの感触も粗雑だ。しかし400mmにしてはコンパクトに出来るわけだよな。これくらいになると、さすがに三脚必須。APSサイズの撮像素子を使っているD70だと、さらに望遠になってしまうわけだ。これも比較的に使い道がありそうだ。
 使い勝手に制限が多いのは仕方ない。その代わりに普通はちょっと手を出せない種類のレンズを試せるわけで、僕みたいな素人にはうってつけといえないだろうか。
No comments

2004年5月07日(金曜日)

アルバム確保

デジタルカメラ 14:20:00 天気:いいみたい
 さて、しまなみ海道で撮った写真のうち、少なくとも一部は公開しなければならない。同行メンバーを被写体にしまくった責任はあるだろう。
 当初は、適当なスペースに、手作りのHTML文書でも載せてしまおうかと思っていた。でも結構な枚数になりそうで、サムネイルを作るのがめんどくさそう。この先のことを考えて、適当なレンタルスペース(またですか)を借りて、そこにCoppermine Photo Galleryでも入れようかとも考えた。というか、実はこのレンタルスペースでも、影で動いているんだが。しかし、ニコンの通販サイトで、何がしかの買い物をするために登録したところ、無料で50MB分のPhoto Galleryスペースを使えることが分かった。んじゃ、こっちでいいや。ということで、内輪向けの写真集はこちらに掲示することにした。アップロード時にプロキシを通すとダメらしいなどの制限はあったが、まずは目的には適った機能を備えている。50MBあれば、大体やっていけるだろう。
 そのニコンの通販サイトでなにを買ったかは、また別の話。しかしE4500が5万円台とはなあ。きっと次機種が出るんだろう。
No comments

2004年5月04日(火曜日)

写真の整理に追われる

デジタルカメラ 21:01:00 天気:良くないのだが
 今回のしまなみツーリングでは、D70を持ち込んでの大々的な一眼デジカメ祭りというのが、隠れたテーマになっていた(いや、僕にとってだけ)。
 その写真を整理する段になると、あまりに多すぎておじさん参っちゃうよ状態に陥ってしまった。大体、600枚くらい撮ったのだ。いくらデジカメとはいえ、撮れすぎである。撮りすぎというか、撮れすぎである。こんなに撮っても電池残量はMAX表示からピクリとも動かず、4GBのMicroDriveはスカスカという感じだった。予備の電池も持っていったのだが、これらを使い尽くすまで、いったい何枚取れるのか、怖くなるほどだった。きっちり2.2K枚撮っても、その整理にしばらく追われそうだ。というか、今日も十分追われたわけだが。
 とりあえず、コレは失敗だろう、コレは無意味だろう(構図がダブっているとか)といったものを消し、2/3くらいまで減らした。なにせじゃんじゃん写せるんで、屑みたいな写真もじゃんじゃん出来てしまうわけで。
 まあ雨も降るということだし、と構えていたのだが、結局はあまり雨らしい雨が降らないうちに夜になってしまった。これなら、合羽を持って走りに行っても良かったな。
No comments

2004年4月06日(火曜日)

さらに残った桜を撮りに行く

デジタルカメラ 22:25:00 天気:いいねいいね
 昨日の夜から腹具合がおかしくなり、入れた分だけ出てしまう惨状に。この症状が治まったのが、ようやく昼前のこと。体力的にへろへろだったが、せっかくの機会なので、最後の桜を撮りに出かけた。
 TCR-2のリア側にモンベルのドライバッグを着け、そこにD70だのなんだのを収めた。Allrounder Miniよりかなり入るので、D70と雨具が一緒に入るのがいい。D70を持ち出さないのならば、Allrounder Miniの方が小さくていいのだが。
 まずは湘南台方面に下ってゆく。鎌倉まで行くつもりだったのだが……。風が凄い。クラウチングポジションを取って、やっと20km/hという体たらく。下痢の影響が強いとはいえ、これは辛すぎる。風の神に感謝するどころか、あらん限りの罵倒を投げつけてやりたくなる。いや~んな体調ということもあり、鎌倉行きの目論見が、江ノ島まで、サイクリングロード南端までと、順調に堕落して行く。
 結局、サイクリングロード南端まで走ったところで断念。なんというか、たかが12km程度走っただけで、こんなに疲れていいのかという気分だった。少し戻った所にある休憩所で一息入れた。
 さらに北上し、飯田牧場でチョコチップのジェラードを摂取した。最初の一口を入れたところで、そういえば腹具合が……と思い出し、また腹が爆発しそうな気がして、顔が青ざめてしまった。が、腹具合が悪化することも無く、おいしく摂取完了。
 帰路、湘南台でまた写真を撮った。時期をずらして咲いているような木もあり、まだ楽しめそうに思えた。が、既に葉桜と化している樹が大半だ。さすがにおしまいだなと思った。
 帰宅して、自転車を納めた途端、またお腹からの警報が脳を突き抜けていった。やっぱり、こういう体調のときにアイスはダメだなと学習した。が、次に同じ状況になったときには、もう忘れているんだろうな。
No comments

2004年4月04日(日曜日)

4GBのマイクロドライブを手に入れる

デジタルカメラ 22:51:00 天気:寒い雨の日
 今日は日中は雨の予報だったが、やや後ろにずれて午後からの雨となった。実は雨でもいいから走ってこようかと思っていたのだが、いざ雨になるとずいぶん気温が下がり、これでは走らなくて良かったと思い直したものだ。
 さて、昨日一日、D70を持ち歩いて思ったのは、256MB程度だとすぐ使ってしまうという事だった。JPEG画像として記録する場合でも、最大サイズ(3008*2000)でファインモードの場合、一枚平均3MBにもなってしまう。71枚しか撮れない計算だ。71枚というのは、ツーリングでメモ撮りする場合でも、一日で到達する程度の値だ。ましてや泊まりがけの場合なんて。
 D70のスロットはCF2タイプで、概ねフラッシュメモリとマイクロドライブという超小型ハードディスクドライブの2系統のストレージを差すことが出来る。フラッシュでも2GB、4GBなんてのが出ているのだが、気の遠くなりそうな価格だ。一方、マイクロドライブも、売値は高い。しかし、低価格で入手する方法があるのだ。それは、マイクロドライブを内蔵ストレージとして採用している、クリエイティブ(SoundBlusterでおなじみ)のNOMAD Muvo2 4GBモデルを分解するという方法だ。Muvo2は3万円弱で買えるから、素直に4GBマイクロドライブを買う場合の半値以下で手に入るのだ。どういう価格のからくりなのか。それほど一括購入したということなのだろうか。
 ともあれ、新しいオーディオプレイヤーも欲しかったことだしで、Muvo2をさっさと発注したのが昨日。届いたのは今日の夕方だった。早いな。寒くて外出する気にもなれないのを幸いに、早速マイクロドライブを取り出してみた。確かに元IBM、現日立のマイクロドライブが入っていた。
 これをD70に装着してみた。画像は最大サイズ/ノーマル設定にして、フォーマットをかけたところだ。表示桁が溢れたので、'k'表記に変わっている。2200枚くらい撮れるということだ。ファインモードにすると画像サイズが倍増するのだが、それでも1100枚くらい撮れる。ここまで行くと、数日のツアーなら、もはやメディア溢れに注意する必要も無いくらいだ。
 目的は達した。しかし取り出した残りの殻の方は? こちらも有効利用しようと、今までD70に入っていたLEXERの256MB/40倍速のメディアを入れ、組み直してみた。リカバリモードで立ち上げ、フォーマット。OK。さらにファームウェアの書き換えもOK。そして曲もちゃんと転送できたかに見えた。使えそうだな。そう思って"ハードウェアの取り外し"(Muvo2は母機からはUSBストレージに見えているので)をしたところ、Muvo2側で『PCでスキャンディスクしてちょ』などといわれる。しかしPCからスキャンディスクしても問題はない。ところが、ファイルがすべて壊れているのだ。どうも、管理領域が保存されてないような壊れ方だ。
 PCでFAT32フォーマットしたり、Muvo2でのフォーマットをスキップしたりしたがダメ。またMuvo2の姉妹機でシリコンディスクを採用しているもののファームウェアを適用しようとしても不可だった。2chで情報を漁ってみると、どうもそう言う事例が発生することもあるようだった。なにが原因なのか。ファームウェアか、あるいはPC側のチップセットに起因するのか。
 ともあれ、こいつをプレイヤーとして使用するのはあきらめた。新しいファームウェアが出たら考えてみよう。
 本来の目的である、4GBマイクロドライブを低価格で入手するという点では成功だった。が、それでもなにか釈然としないものが残ったのは、僕が欲張りすぎなだけか。
No comments

2004年4月02日(金曜日)

D70の広角ぶり

デジタルカメラ 11:37:54 天気:良かったり雨が降ったり
 試しにNIKON D70(18-70mmの広角側)SANYO DSC-MZ3(広角側)INFORBARの内蔵カメラの試し撮りをしてみた。
 見ての通り、D70はMZ3よりかなり視野が広い。これくらい広かったら、スナップ写真を撮るのも楽だろう。意外に、INFORBARの内蔵カメラの視野も広い。というか、コンパクトデジカメの視野が狭すぎる。NIKONがD5000系を出したりして、広角寄りの設定をしたカメラが出回るのも良く分かる。コンパクトデジカメで、ズーム端を使うことは、ほとんど無いもんな。
 とはいえ、この18-70mmは自転車で持ち歩くには長すぎるので、ズーム無しの広角レンズも欲しいところ。しかしNIKONから出ているのは18万円だとか……。
No comments

2004年4月01日(木曜日)

D70拾遺

デジタルカメラ 10:37:31 天気:良い
 昨夜の試し撮りで気づいたこと。
・画角がMZ3とは違う。PCの外部機器として育ってきたコンパクトデジカメは800*600とかいったVGAサイズを意識した画角になるのだが、D70の場合は800*566とかいった値になる。銀塩とPCというルーツの違いか。
・起動速度が激速。もう起動を待つ事などありえない。もっとも、説明書では大量のファイルが記録されている媒体を装着した直後の起動は、ファイル情報の読み出しのために時間が掛かる旨記載されている。
・重いけど安定する。ISO1600かつマニュアルフォーカスという条件で、遠い夜景を試写してみたところ、意外に手ぶれは少なかった。
・18-70mmの広角側は、MZ3よりかなり広角みたい。
 なんにせよ、今まで使ってきたコンパクトデジカメとは、そもそも目的からして違うモノだと思った。

2004年3月31日(水曜日)

夜トレと桜試撮と

デジタルカメラ 22:56:00 天気:不気味なくもり空
 早めに会社を退けて、D70の試し撮りに出かけようと考えていた。どこに行くか、海軍道路がいいかな、などと考えていたのだが、空には雲がかかっていて、ちと不気味。近くの湘南台でいいかとなし崩し的にいつもの夜トレコースを走ることにした。
 境川サイクリングロードは、既に舗装が終わっていた。再舗装区画はほんの50mくらいなのだが、平滑性の高い路面はいい。全線とはいわないから、荒れた区画の再舗装を進めて欲しいものだ。
 湘南台の桜並木で試し撮り。内蔵フラッシュでは光量が全然足りず、近距離の枝先を撮るのが関の山だ。桜の花を1mくらいから撮ってみた。コンパクトデジカメと異なり、奥と手前の花には焦点が合ってない。なるほど、こういう写真が撮れるのか。TCR-2も撮ってみた。200万画素のMZ3と比較するのは馬鹿げているのだろうが、ディテールの再現性が桁違いだ。反面、暗い画像になりやすい気がする。
 まあ、おいおい勉強していくわいな。
 その後はいつもの夜トレコースを通り、帰宅した。しかし、今夜既に散り始めていたところからすると、週末には見事に葉桜になっているだろうな。
No comments

2004年3月30日(火曜日)

D70キテルー!

デジタルカメラ 20:37:58 天気:雨です
 わはははははははははは(血管が切れるまで高笑い中)。
 早速、開梱しました。このずっしりした重量感は、コンパクトデジカメとは世界が違うなあ。動作感もすげえいいです。この辺は店頭でも確かめていたことではあるが。しかし、改めて見比べてみると、MZ3に比較してデカイ! メモ撮りなどの腑抜けた使い方には向いてないような。(D70のアップ)
 こいつにレンズ(18-70mm)を着けて、セミソフトケースに収めると、RIXEN&KAULのAllrounder Miniを占領してしまいますな。実質、あれはカメラバッグになってしまう。まあ、撮りに出るときには、それでもいいかもしれないが。それにしても、こいつのレンズって、EDガラス使ってるのか。その割に安いけど、EDガラスの価格も下がっているということかな。
 ちょっと試し撮りして、電池に充電することにした。これで、明夜に湘南台の桜を撮りに行きたいと思っているのだが、天気がなあ。
No comments

D70キター!

デジタルカメラ 11:08:24 天気:下り中
 D70をヨドバシカメラに発注したのが先週頭。その後、ヨドバシからメールが来た。曰く『リモコンの出荷は遅れます』とのこと。リモコンが遅れるだけなら問題なしだ。さあ、さっさと来い。
 その後、週末までにメモリカード、ケース、そして問題のリモコンまでもが届いた。揃ったな、本体を除いて。本体だけ遅れるんかい! 駄々っ子モードで拗ね拗ね光線を発してもヨドバシ相手では効き目ゼロなので、おとなしく待つことにした。というか、市場にモノがないようなので、待つしかない。桜が終わるまで、などと考えていたが、春が終わるまで、に軌道修正して、心の平安を図った。私は後ろ向きな人間だ。
 昨夜、なんとはなしにヨドバシの注文確認ページを眺めていたら、本体も『確保』に変わっていた。をを、頑張れヨドバシ、明日までには届け。その後、意味も無く10分/回の割合でリロードを繰り返していた(嫌がらせですか)ところ、22:00過ぎに『出荷済み』に変わった。やたっ。やがて、日付が変わる頃に、郵政公社(ゆうパックで発送するので)でもアクセプトされたことが確認できた。来る、来るぞ、D70が。
 翌朝、起き抜けに郵政公社でチェックすると、既に横浜泉局まで到着していることが分かった。過去のゆうパックの到着状況から見ると、横浜泉局間近のここには、朝のうちに届くことになる。しかし、会社員は朝はいないものなのだ。まあ、帰ってから、泉局まで取りに行けばいいさ。いや、ぎりぎり届くかも。
 フレックス出勤で遅めの出だったこともあり、家の近くからトラックのものらしい音が聞こえてくる度に、来たかな、まだかなと、学研のおばちゃんを待つ小学生のような気持ちになっていた。
 しかし、流石に出勤時間が近づくと、諦めざるを得ない。まあ、夜に取りに行くさ。靴に足を突っ込んだところで、階段を登る足音が。そしてチャイム。『小包でーす』。このタイミングでかい。
 とりあえず、受け取るだけ受け取り、慌しく出勤した。もう少し時間があれば、付属電池の充電をやっておくべきだったかと後悔したりしてな。
 帰ったらいよいよ開梱である。会社で仕事が手に着くか、心配なところではあるが(笑)。
No comments

2004年3月22日(月曜日)

D70を発注してしまったのであった

デジタルカメラ 20:37:00 天気:雪やんけ
 昨日、ポタ終了前後から体調が急激に悪化し、帰宅したときには疲労困憊で何もする気になれないくらいだった。
 今朝になっても体調は優れず、会社を休んでしまった。うとうとと寝床でまどろみながら、外で降り始めたらしい雨の音に耳を傾けていた。
 昼過ぎ、流石に寝るのにも飽きたので、PCの前に移動する。たまげたことに、外では雪になっていた。といっても、霙混じりだったが。道理で寒いはずだぜ。
 さて、2日考えた末に、ついに決断を下した。一眼デジタルカメラは、D70にしよう。価格と重量の点からKissDも魅力的ではあるのだが、機械としてはD70に惹かれる。質感もこっちの方が魅力的だった。決定打は、フィルタリング特性が、赤外線側に拡張されていることだった。天体写真を撮る場合、特に赤い天体の場合は、赤外線側への拡張が大きな意味を持つ。
 どこで買うか迷ったが、外に出るのが嫌になる天気だし、ポイント還元を考えるとかなり安いので、ヨドバシカメラに発注した。記録メディアは、とりあえず256MBのCFを買っておくことにした。これで間に合わなければ、マイクロドライブでも買うことにしよう。
 さて、桜が終わる前に届くかな。

2004年3月19日(金曜日)

D70を触ってきました

デジタルカメラ 22:16:00 天気:いい感じ
 さてさて、今日から春分の日を含んで3連休だ。昼夜の長さが逆転し、ますます自転車生活に拍車が掛かるだろう今日この頃(かなりの願望を含有)。
 今日から東京でカメラに関する展示会が開催されるそうで、かのBORG天体望遠鏡も出品されるとか。
 目玉の一つがNIKONのD70だが、なにも東京まで出向かなくても、大手カメラ販売店なら、今日から発売されているはず。町田のヨドバシカメラに出向くことにした。
 町田まではTCR-2で走った。気温が下がり気味だが、走り続けていると、流石に汗をかく。
 昼食を取るために湘南台に立ち寄ったが、サイクリングロードの桜並木は、既に一部咲き始めていた。早いよ、こりゃ。
 ヨドバシに到着し、店内を闊歩すると、ありました。今日は休みでない企業も多数に上るためか、意外にD70の周辺に人影は少なかった。さっそく手にとってみる。
 やはり、隣にあったEOS Kiss Digitalに較べると、一回り大きく、重い。しかし機械としての動作感は、KissDより断然上に感じた。KissDが値段なりの使用感に思えるのに対し、D70は値段の差以上にかっちり作りこまれているようだ。フォーカシング速度も起動速度も、KissDで及第点だったのだから、それ以上のD70で文句があるはずは無い。食指がぴくぴくと動く。が、KissDも値段と軽さというアドバンテージがあり、即決は出来なかった。変な気を起こさないように、カードも札入れも置いてきたので、衝動買いパワーを発揮する余地など無かったのだが。
 煩悩に悩まされつつ、帰宅。
No comments

2003年12月03日(水曜日)

久しぶりにお好みハウスでウハウハ

デジタルカメラ 00:00:00 天気:晴れ
 今日は、昼から新川崎で教育を受講して来た。不正アクセスの現況に関する講義だった。講師の人が、攻撃手法の向上振りを嬉しそうに語るのを見て、もしかしてやってるのかと思ったりしてな。
 今日はどのみち定時退勤日なので、会社には戻らず、横浜に出る。19:30くらいからお好みハウスで飲み食いするか、という話になっていた。
 それまで、駅周辺をうろつく。ヨドバシでは、EOS Kiss Digitalなどをじっくり眺める。広角が十分広角なのと、操作感がコンパクトデジカメとは段違いに良いので、やはり欲しくなってしまうな。連射が4枚までしか効かないのも、今のところ困りそうな要因に思えない。10D、NIKON D100、シグマのものなども見たが、重量的にやはり重過ぎるように思った。やはりレンズ込みで13万円という価格は魅力的だ。だが、価格的にはBRIDGESTONE MOULTON Sportと競合してしまう。優先順位は、断然カメラの方が先なのだが。
 ハンズで小物を買った後、19:30過ぎにお好みハウスに向かった。にち氏が予約を入れておいてくれたおかげで、割と混んでいたのに難なく座れた。中ジョッキをちびちびやっているうちに、にち氏が登場。まずはキム玉をやる。それからニラレバ、ちーとま、焼きうどんなどを食す。途中、隣のカップルが残したイカ焼き&腸を物欲しそうに見ていたら、マスターがほいっと移動してくれた。こんなこと、普通の店じゃやらないよな(笑)。
 かなり眠かったので、22:00前には店を出た。しかし、鯖が品切れで口に出来なかったのは残念。いつか、リベンジを。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 || Next»