Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 18 | 19 | 20 || Next»

2008年7月21日(月曜日)

遠野周遊初日

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:44:00 天気:くもりやら晴れやら
 朝食は7:00からだった。ちょっと不調だなあと思いつつ朝食を取り、すぐに出かければいいのにぐずぐずしていた。結局、、自分の出立は9:00前になってしまう。その間、遠野YHの周りをうろうろしたり、出立する人々をぼけーっと見送る
 とりあえずSatRDayを漕ぎ出す。昨夜の観光案内を聞いて、荒川高原だの早池峰山だのといった高所に登りたいと思っていたのだが、体調が悪すぎてその気になれない。とりあえず、YH周辺散策に目標を変更した。
 とりあえず、山崎のコンセイサマ*1を見に行こうと、北に向かう。途中で伝承園の近くを通ると、まだ早いので人影がない。人気のないカッパ淵も良さそうだったので、急遽立ち寄る。
 常堅寺の裏手に回るとカッパ淵。ご覧の通り、今は淵でもなんでもない小川で、河童が潜む場所などなさそうだが、かつては深い淵だったそうだ。そこで浚渫する計画もあるとか。そこまでやるかな。
 山崎のコンセイサマは、その名の通り山崎部落にある。そこまでは結構な上りだ。途中、道端に思わせぶりに珍々型岩が設置されているが、本命は登りきって祠の中に収められている。高さ1.4mの自然石だとか。すぐ裏手に東北大学理学部の地震観測装置が設置されており、この珍妙な取り合わせに感じ入った。珍々岩の背後に地震観測器か。なんか丸いものが2つ並んでブーラブラしている様を思い浮かべてしまったではないか。
 コンセイサマの祠への上り口には、休憩所とトイレが設置されている。そこの自販機でコーヒーを買い、気力を奮い起こす。体調はますます悪化中。まあ、この辺をノタノタ回るべ。休憩所から南を見下ろすと、濃淡様々な緑に象られた遠野の村落を見下ろせる。なんともフォトジェニックな盆地だ。雲は低く、やや陰鬱な暗さがあってあはれなり。そんな時の彼方に霞んでいるような遠野だが、花の季節ということもあって、方々に彩を添えている。路傍の石と花を撮る。柳田は『路傍の塔石多きこと他国に比類なし』なんてことを書いていたと思うが、確かに凄く多い。これでも随分減ったのだそうだ。
 次は山口の水車小屋に行こう。ここも多少の上りがある。時期的なものなのだろうか。郊外に出るとどの家の周りにも、道端にも、花が丹精されている
 山口の水車小屋は、相も変わらずギッチョンバッシャンとばかりに回り続けていた。緑濃い遠野の水田で、黙ってかつての役目を果たし続けている。
 デンデラ野に向かう途中、道端に古参道と思われる鳥居を見つけた。
 デンデラ野では、実は去年立った草地の背後に、杭となんぞの藁葺き小屋があるのを発見した。小屋の中は泊まれそうな感じだ。虫どもに責め苛まれそうだがな。
 昼食時が近いので、ちょっと離れたふるさと村に向かった。ちょうど昼時で、食堂のほとんどを予約席が占めていたが、他に客が居なかったので助かった。今回は蕎麦を。ここも案外に美味しい蕎麦を出してくれる店だ。
 ふるさと村を散策する。ちょっと歩き回る気になれなかったので、こびるの店で団子など頂く。こびるとは、小昼と書いておやつを意味する言葉だ。
 ふるさと村を後にする。とりあえず市街地で休憩しながら見て回ろうと思い、駅方面に走る。こっちに来て驚いたのが、涼しいことと紫陽花。30℃を超えることは無く、紫陽花は盛りだといわんばかりに青々としている。
 遠野駅周辺では、遠野城下町資料館と博物館で時間を潰す。城下町資料館は遠野南部家の遺産などを展示している場所。大名行列道具の中に、鞘ごと刀を入れて運ぶ筒というものがあった。すると鞘の役割ってなんぞやという疑問が湧くが、これは鞘そのものに美術的価値が生じた故と解くべきだろう。
 早めにユースに帰り、ベッドでゴロゴロしていたら、夕食の時間になった。このユースの夕食は初めてだが、コレは美味しい。『XXの名産はYYでしょ、だからたっぷり使ったよ』という方向ではなくて、素材を吟味して普通の料理にしましたという方向性を感じた。野菜の多くは自家栽培の、しかも無農薬のものだという。コレだけ不調だから喉を通らないだろうと思いきや、完食してしまった。
 夕餉の際、このユースの裏手で蛍を拝めると聞いてびっくりした。裏手も裏手、駐輪場のすぐ裏だという。そこに排水溝があり、ちょっと藪が覆っている。そこに数十匹の蛍が群れているのだ。今年は横浜で見たが、あれよりずっと多くて、しかも体に止まりそうなくらい近くで見物できた。時期的にヘイケボタルだろうと思いきや、ゲンジボタルだとのことだった。かなり気温が低い*2なので、狂い咲きならぬ狂い孵化だろうか。
 21:00からのお茶会でおしゃべりして、すぐに就眠した。
No comments

2008年7月20日(日曜日)

荒川経由で遠野に

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:18:00 天気:晴れ(荒川)/くもり(遠野)
 さて、今日は荒川サイクリングの日。今日から4日間、フリーきっぷの有効期間なので、今日は荒川に途中まで参加してから、遠野に向かうことにした。
 朝、いつもの通りにSatRDayを戸塚まで走らせ、湘南新宿ラインで池袋に、各停で浮間舟渡に向かった。
 今日の参加者は20名くらいか。途中合流、離脱も多かったので、延べでは30名弱程度と思われた。
 今日の大物は、Scorpion FX。ドイツ製の畳めるトライクだ。畳めるって言っても、中折れになるだけなので、幅は変わらないのだが。
 とりあえず殿*1を勤めながら、のんびり走った。好天に恵まれ、両手両足ともにじりじりと焼けてゆくのを感じる。日焼け止めは顔にしか塗ってなかったので、慌てて塗りなおした。
 虹の広場で、岡山氏が久しぶりにというので、SatRDayを試乗に供する。そういえば、岡山ズSatRDay Mk.1はどうした。
 荒川サイクリングは最後の休憩地で離脱し、そこから少し下流にある橋を渡り、東京方面に向かった。意外にも、まっすぐ東京方面に出られるのだな。
 東京駅でSatRDayを畳み、盛岡行きの東北新幹線で新花巻、新花巻で釜石線に乗り換えて遠野に向かう。乗った車両がピカチューの描かれた恥ずべき車両で、俺は乗車中を写真に撮られて世界中の笑いものにならないかと気が気でなかった。ANAとタイアップしての企画らしいぞ。車中も背もたれカバーが紙製のコレ。ピカチューって、客観的にはキモイな。
 遠野に着いたのは日暮れ時だった。駅前でキモイ自転車を組み立て、とりあえず目に付いた食堂で夕食をとる。YHの夕食が19:00からだったので、間に合いそうに無かった。
 飯もそこそこに外に出た頃には、外は真っ暗だ。SatRDayはハブダイナモ装備だが、街灯すら乏しい遠野の郊外で役に立つかな。ともかく、この道でいいのかと不安を抱きつつ、一度通ったはずの道を伝承園方面に急ぐ。YHの近くで少し迷ったが、狐に化かされることも無くYHにたどり着いた。
 ユースの前で涼んでいた人々に、早速自転車を不思議がられる。キモイ自転車は、こういう場合にお得だ。早速試乗してもらったりする。関東圏ではそれなりに目にすることも多いリカンベントだが、遠野では存在自体が稀だ。話のネタになる。
 ユースは、ペアレントさんたちがいいノリで、21:00からのお茶会でも、その後の観光案内も、楽しい時間を過ごせた。いいね、後は料理だけが問題だ。
 かなり疲労していたので、早々に布団に入って寝てしまった。
No comments

2008年6月01日(日曜日)

第11回東京・南会津サイクルトレイン2日目

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:14:00
 昨日の雨から一転して、好天に恵まれた2日目。只見から取って返し、布沢の分校跡で食事をし、軽く峠越えなどしながら走っていったのだった。しかし、内実少々しんどかった。
[続きを読む]
No comments

2008年5月31日(土曜日)

第11回東京・南会津サイクルトレイン初日

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:55:00
 確か第1回、業平橋集合だった回以来の雨の中の集合となった。いささか憂鬱な気分で浅草橋に向かったのだった。
[続きを読む]
No comments

2008年5月30日(金曜日)

南会津準備

暮らし , 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:55:00 天気:雨に向かう
 明日は南会津だ! しかし雨の南会津になりそうだ。これでも雨に徹底的に降られまくったことは無いのだが、どうなることやら。
 ということで、自転車は自動的にBD-1に最終決定。SatRDayにも泥除けはあるが、雨の中の輪行解除、準備は憂鬱だ。
 仕事の状況が悪化して、土日の休みも風前の灯と思われたが、悪化しすぎてかえって土日は堂々と休めるようになった。その代わり、月曜日に休もうと思っていたのは不可になった。
 帰宅して、明日の準備をしようと思っていたのに、雑用を片付けていたら、23:00を過ぎてしまう。睡眠時間確保のためには、もう寝なければ。ざっと荷物を積んでおいて、とりあえず布団に入ることにする。
 明日は確実に雨か。憂鬱だ。
No comments

2008年5月04日(日曜日)

兄一家としまなみ自転車行2日目

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:38:00 天気:好天だよ
 今回のしまなみ行では、いまだかつて無かったほどの人出に直面している。おかげでレンタルサイクルの借用にも、昼食場所の確保にも苦労している。とはいえ、人出が多くて活気あるしまなみ海道は、やはりいいものだ。
 朝、食事前に、非常に気になっていたものを撮る。同じ宿に、なにやら多数の自転車が滞在しているようだった。夜だったのであまり詳しくは見てなかったので、明るくなってから拝んで回った。すると、こんなものが。なんと、Tikitのトラベルケース付だ。奥手はBrompton2台。いやいや、こんなところでTikitに会おうとは。早くも旅姿のTikitを目撃してしまった。これは、かなり売れているのだな。残念ながら、これらの自転車は朝食中に出発してしまい、オーナーと会うことは出来なかった。
 帰路は、大山祇神社に立ち寄り、伯方島のさんわで昼食をとることにしていた。大山祇神社までは兄と走る。このアップダウンは、姪(上)にはちょっと厳しいと思ったからだ。
 車隊と合流して、宝物館、海事博物館を見学する。姪(上)は鉱物が好きなのか、海事博物館が意外に好評だった。
 ここから先は、姪(上)も自転車で走る。サイクリングロードを走っていると、途中からゆっくり走るお姉さんたちが痞えてしまい、のろのろ運転になる。まあ、それでよしだ。
 多々羅しまなみ公園でむらさきソフトを買おうと思いきや、なんと無い。アレは季節ものだったのか。バラと塩はあるのにな。大三島の和菓子屋で買ってきたいちごどら焼きを頂く。これはこれは、意外にもジューシーな苺が餡子とまあまあマッチしているではないか。期間限定品だが、実は方々の道の駅で売られていた。
 大三島橋を渡り、道の駅伯方に。ここからさんわまで走るのは面倒だと、自転車はここに置いて、車で移動することにした。さんわに接近するも、これが13組待ちとか言う恐ろしい状態だ。さんわが客で埋まる日が来るなんて。こんな辺鄙なところなのにね。まあ待つさ。ウェイティングリストに記入して、呼ばれるまで辺りをうろついていた。海を見ると、なぜかクサフグが群れている。産卵時期なのか。とにかく、どこの岸壁を回っても、クサフグがうろついていた。
 ようやく店内に通される。メニューが増えているな。ふつうの塩ラーメンの他、塩ラーメンこくウマ、とんこつ塩ラーメンってのもある。こくウマを頼んでみた。従来の塩よりも濃厚な味わいで、しばらく舌に残りそうな感じだ。
 店を出た時点で15:00。これから、大島を縦断しなければならない。大島縦断は、いつもながら退屈な道行だ。しかし、下りは爽快。
 道の駅で再集合して、最後の来島海峡大橋に挑む。途中で馬島に降りてみたところ、同じく降りたらしい原付の群れがエレベータに溜まり、上に戻るのにえらい時間を食ってしまった。
 無事にサンライズ糸山に到着。兄はここでレンタサイクルを乗り捨て、そのまま兄嫁の実家に向かうと言う。こんな長距離を走ったのは、兄も姪(上)も初めてだったので、大層楽しんでくれたようだ。次は兄嫁も姪(下)も一緒に走れたらいいね。
 さて、一人別れた僕は、ここから少し走った波方からフェリーで竹原に渡り、呉線で帰るつもりだ。フェリーが出るのは19:20。やはりオートバイが多くて、自転車は僕ともう一人くらいだ。竹原に渡り、これまた本数の少ない呉線を乗り継いで、帰宅した。
 毎度しまなみを走ってはいるが、活気のあるしまなみはいいもんだな。

2008年5月03日(土曜日)

兄一家としまなみ自転車行初日

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:18:00 天気:とてもよい
 今日明日と、兄一家としまなみを自転車で走る。兄嫁が車で併走する予定で、気楽な旅になるだろう。そう思っていた。
 8:00過ぎに兄が迎えに来ると言うことだったので、その頃に実家から少し通りに出た辺りで待った。首尾よく合流し、中国自動車道経由で尾道に向かう。向かうのだが、高速道路に乗るまでの道が渋滞し、尾道着は昼前になってしまった。人出が多いのだな。
 尾道到着が遅れたので、昼食は早めだが尾道で取ることにした。車を停めたスーパーの近くにあるお好み焼き屋でお好み焼きを食す。お好み焼きは、やはり広島のそれがうまいのである。
 食後は尾道駅から走り出す。走るのは兄と姪(上)だ。兄嫁と姪(下)は車で移動する。兄にはHardrock号を譲渡していたのだが、車に載りきらないので置いてきたと言う。兄はレンタルサイクルで走る気だ。姪(上)は自分用の子供用折り畳みを持ってきている。
 尾道駅で降り、レンタルサイクルを借りようとした時点出、恐るべき事実が発覚する。な、なんと、レンタルサイクルが全て出払っていると言うのだ。そんなの初めてだ。このGWは短い人が多かったので、常に無く人が集中したようだ。ずっと先、瀬戸田で借りられるか。
 ともあれ、兄は車で先まで移動し、僕と姪(上)だけが走ることになった。ルートはいつも通り、向島は南方を回り、因島は北を突っ切る。姪(上)は頑張って着いてくる。
 生口橋を渡り、瀬戸田手前のドルチェでアイス。なんだかドルチェの外観が変わっている気がする。また今まで見た事が無いくらいの人出だった。駐車場が満杯だ。ここまで、自転車も物凄く多かった。こんなに人に溢れたしまなみ海道は久しぶりだった。
 ドルチェで兄たちと落ち合う。なんでも、瀬戸田のレンタサイクルも全て出払っているとか。なんか凄いことになってるな。夕方までには戻ってくる自転車もあるだろう、などと話す。ここではデコポンを食す。
 少し先、瀬戸田の門前町で再合流し、商店街をうろついた。耕三寺の無料区画を徘徊し、商店街でコロッケを買い食いした。
 さらに姪(上)を引いて走り、大三島の道の駅で車隊と再合流。ここでようやく、兄用のレンタサイクルをゲットできた。一方、先行きの厳しさから、姪(上)は車隊となる。
 兄と二人で道の駅御島を目指す。到着したのが17:00過ぎだったので、店は閉まっていた。ってか、道の駅なのに閉店ありですか。
 大山祇神社は明日立ち寄るので、今日はスルー。大三島南西のアップダウンを越え、宿のふるさと憩いの家に到着した。
 その後、食事まで海辺を散策し、食後はビールなんぞ飲んで喋っていたが、物凄く眠かったので自室で寝てしまった。足を回した後のビールは、物凄く回るな。
No comments

2008年5月01日(木曜日)

四国南部ツーリング最終日:雨の中を帰還する

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:50:00 天気:くもり時々雨
 好天に恵まれ続けた今次ツーリングだが、最後の最後に雨につかまってしまった。とはいえ、もう帰るだけの気楽な道行。むしろ雨の四万十川を楽しみながら、実家に向かった。
[続きを読む]
No comments

2008年4月30日(水曜日)

四国南部ツーリング4日目:足摺岬周遊

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:31:00 天気:まだまだ好天
 四国南部を走る旅も、今日で実質最後だ。ホテルに荷物を置いて、足摺岬を走る。どう回るかは、足と相談しながら決めようと、適当に走り出したのだが。
[続きを読む]
No comments

2008年4月29日(火曜日)

四国南部ツーリング3日目:四万十川中流~河口

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:00:00 天気:好天だねえ
 いよいよ、四万十川の河口まで下る。いや、時間があれば下るつもりだが、もしかしたら中村で力尽きるかもしれないなと思ってもいた。ともあれ、四万十の素晴らしい風景を愛でつつ、下って行く一日が始まった。
[続きを読む]

2008年4月28日(月曜日)

四国南部ツーリング2日目:四万十川(概ね)源流~上流

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 23:20:00 天気:好天続く
 最大の山だった四国カルストを無事に越え、後は四万十川に沿って下るだけだ。しかし、坂の神は我輩をなかなか放免してくれないのであった。
[続きを読む]

2008年4月27日(日曜日)

四国南部ツーリング初日:四国カルスト山岳戦

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:57:00 天気:晴れ
 今日は今次ツーリングでも最難所を越える。四国カルスト高原1200mの登坂だ。
 意外に楽じゃがのと思いつつ登っていたら、最後の方で来ましたよ。
[続きを読む]

2008年4月26日(土曜日)

四国南部ツーリング前泊

自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:27:00 天気:とっても好天
 今日は松山空港に飛んで、駅近くのホテルに投宿するだけだ。さっそく、新GPSの性能発揮と思いきや。
[続きを読む]
No comments

2008年2月24日(日曜日)

房総南端暴風暴走ツーリング2日目

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 20:48:00 天気:快晴&爆風
 昨日今日と快晴に恵まれた*1このツーリング、今日はほぼ海岸線に沿って保田の手前までもどるということだったが。
[続きを読む]

2008年2月23日(土曜日)

房総南端暴風暴走ツーリング

, 自転車 ( 自転車旅行記 ) 22:02:00 天気:快晴&暴風
 三井氏からお誘いを受けた房総半島南部ツーリングに参加してきた。春間近、高山の無い房総半島の旅は、花を巡る穏やかなものになるだろうと期待していた。だが、その春の足音が、恐るべき奴を連れてきてしまったのだった。
[続きを読む]
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 18 | 19 | 20 || Next»