Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 | 44 || Next»

2008年6月07日(土曜日)

夜の埜庵へ

, 自転車 ( 自転車散歩 ) 23:55:00 天気:くもり気味
 今日はマモル氏の企画で夜の埜庵を襲うことになっていた。そしてその前に、なにやら横浜辺りで集まってウマイものを食おうという話もあった。僕も横浜から参加することにした。poco女史も来られるという事で、女史の骨折りで製作されたAli di Nikeジャージを着ていかねばなるまいと考えた。これが似合うのはロードバイクでしょう。なら、コルナゴ様にお出ましいただこうではないか。そんなわけで、MasterXLを横浜へと走らせた。走らせたのではあったが。
 戸塚へは矢部方面からの裏道を走り、開かずの踏み切り方面に抜けようと、会社の前辺りを走っていた。対向車にパトカーがいた。そういえば自転車に対する取締りが厳しくなったんだっけ、大いにやって欲しいが俺も警告されないように気をつけないと、などと考えつつ頭に手をやったら。あれま、ヘルメットを忘れたosz
 これでR1を走るのは嫌だったので、戻ってヘルメットを取ってくることにした。R1と長後街道の分岐点に来たところで、後ろから声を掛けられる。なぜかマモル氏だった。輪行するつもりだが、手袋を忘れたので取りに戻るところだとか。僕も一瞬だけ自転車を変えて輪行しようかと思ったが、かえって面倒になったのでこのまま行くことにする。時間が12:00に迫っていたので『遅刻するかも』とマモル氏に告げ、家に取って返した。
 ヘルメットを被り、今度は長後街道を素直に突っ走り、横浜へと向かう。MasterXLの、というよりはリアルなロードバイクの走りは軽い。保土ヶ谷の坂もアウターのまま越えて行ける。追い風だったけどな。
 急いだおかげで、横浜駅北東口ってどこなのよとばかりに迷ったものの、定刻前には到着した。お久しぶりの顔、先週会った顔が揃っている。Ali Di Nikeジャージはpoco女史、hai氏、そして拙者と3組揃った。後で記念撮影しようということになった。
 まずは山下公園近辺を抜けて、石川町辺り(?)にあるパンケーキ屋に入った。こぐ氏がわざわざ出向いて予約を入れてくれていた。おかげで、案外に待たずに入店できた。
 僕は小腹が空いていたので、季節のオムレツを注文した。意外にボリュームがあり、ふわりとした食感ときのこ、野菜類のさわやかな舌触りが絶妙であった。が、これについてくるパンケーキが曲者。パンケーキ自体はおいしいのだが、意外に大きなサイズのものが3枚も着いてきたのだ。これには往生させられました。周囲の人に助けてもらい、なんとか完食した。ここは、お腹を空かせて来たい店だね。
 ここから、横浜方面に戻り、専ら裏道を走って戸塚に。ここから先頭に任命された拙者、ゆっくりと南下し始めた。ここ、昨日も走ったんだよな……。
 埜庵着は18:00予定を大幅に過ぎた19:00前。こぐ夫妻に加え、本日のシークレットキャラ*1たか氏も待っていた。さらに2Fには埜庵に飾られている各種絵画、図案を描かれたという女性、矢部辺りの高校で英語の講師を務めているというフォリナーな方なども。2F席に上がり、まずはカレーを頂く。これは8種類くらいの果物と煮込んだという逸品で、口にすると辛さの向こうに、スパイスとは別種の豊穣な味わいがうかがえるというものだった。前にカレーうどんを食したときにも思ったが、氷屋のカレーなどとネタには出来ないレベルだ。素晴らしい。普通のランチハウスなら店の看板を背負えるレベルだと思った。
 氷は、裏メニューのココナツミルクがけ&濃いちごを。ココナツミルクは一口二口をおいしいのだが、段々と粉っぽさが気になってくる。そこで濃いちごシロップを掛けると、その酸味が帳消しにしてくれるという塩梅だ。
 しばらく歓談して、気がついたら21:00に近い。ほとんどの人は鵠沼海岸駅から輪行するらしい。僕は一人分かれ、夜の引地川を遡り、境川に乗り換えて帰宅した。
 うーん、夜埜庵、はまりそうだ。
No comments

2008年6月06日(金曜日)

紫陽花始め

暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) , デジタルカメラ 20:08:00 天気:良
 紫陽花始まったな!
 今日は藤沢からの遠回りコースで帰宅。天気も良く、汗をかきながら走った。
 大清水高校対岸の休憩所では、そろそろ紫陽花が咲きそろい始めていた。じめじめ蒸し暑くなる時期だが、紫陽花を求めて雨の中をうろつくのも、また楽しである。拙者、桜より紫陽花が好きかも知れん。
 帰宅は19:00過ぎだったが、まだまだ空は明るかった。
No comments

2008年6月04日(水曜日)

懸案(ほぼ)片付く

暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 20:19:00 天気:まあまあの晴れ
 五月一杯仕掛かっていた懸案が、六月までちょっとだけオーバーランしてほぼ片付いた。ほぼ、なのがアレだが、週末には片付く予定。
 なんてやってるうちに、世の中はすっかり梅雨に突入中だ。今週は梅雨らしい天気で、あまり空が見えない。部屋の中もじめじめし始めているので、ちょっとイヤンな感じ。とはいえ、まだ肌寒い日もあるはずなので、布団の始末が難しいな。
 とりあえず、明日は休んで、南会津の後始末をする予定。洗濯物以外は何一つ片付いてないのでな。
 帰り、久しぶりに柏尾川~藤沢~境川と走って帰った。日が長いので、帰宅するまでライトは不要だった。そろそろ夏至なのである。
No comments

2008年5月25日(日曜日)

雨の合間に散歩(紫陽花始め)

自転車 ( 自転車いじり , 自転車散歩 ) , デジタルカメラ 20:16:00 天気:雨のち晴れ
 昨日の夜は結構な雨量だった。今朝方起きたときには、雨は小降りだった。そして昼前には雨は止んだ。とはいえ、いつでも降り出しそうな暗い空だったので、すぐには雨に濡れない、部屋の前の通路で、BD-1を整備した。結局、セキサイダーと泥除けは戻すことにしたのだ。セキサイダーに慣れすぎて、これ無しの運用はもう考えられないくらいになっている。前の泥除けは、取り付け用の金具と泥除けの接合部からヒビが入り、今にも壊れそうだった。代わりのものを入手するまではやむを得ず、壊れそうな部分をビニールテープでぐるぐる巻きにしておいた。
 取り付けたんだから、試走はしたいな。空は明るくなってきていた。でも予報では夕方からまた雨らしい。泥除けも復活させたことだし、降ればむしろ好都合だ。Powershot S3ISを持って境川に出かけた。
 高鎌橋を通過して、びっくり。昨日の堰が綺麗さっぱり消えていたのだ。詳しくは見なかったが、あれは注水して膨らませるものだったようだ。南端の休憩所に来ると、ふと川際に点在するアジサイに目が向かった。もう咲き始めている。昨日からの雨に気が逸ったか。
 BD-1も撮る。BD-1のなにが気に入ってるといって、この平面形こそが大のお気に入りなのだ。
 紫陽花に気を合わせたのか、さつきも色鮮やかだ。雨の後は花の色が鮮やかなのがいい。
 雨の心配もあるし、早めに帰ろうと、家路を急いだ。帰宅して西空を見ると、晴れてるじゃないか。どうやら、夜降るという予報は外れたようだ。
 来週末は南会津だが、このところの週末雨降り具合を見ると心配だな。

2008年5月24日(土曜日)

雨の前に買い物に

モノ , 自転車 ( 自転車散歩 ) , デジタルカメラ , 山歩き , 21:44:00 天気:くもりのち雨
 今日は昼から雨の予報だ。珍しく朝早くに起きた*1ので、雨の前に町田方面に買い物に出かけようと思った。降ったら降った時と思い、雨具は持って出た。直前までは南会津に向けてSatRDayを連行しようと思っていたのだが、雨を覚悟して走るにはリカンベントはつらい*2。TCR-2で向かった。
 町田まで走り、ヨドバシに入った。18-55VRのキャップを絶賛紛失中なので、代わりのキャップを買った。担いで走るときには外しているのだが、無いと保管時に困る。ニコンのキャップじゃなくなるが、まあ仕方ないだろう。
 次に南町田のモンベルショップに入る。先週はなんとなく買い逃してしまったが、JETBOIL用の専用ボンベとモンベルのチタン製スタックワッパー、それからなんだか目に付いたEspresso Pastaを買ってみた。山の上まで走っての軽食として、このところフリーズドライ食品を研究中だ。このEspressoシリーズはかなり評判がいいみたい。ワッパーは、ずっと使ってきたシエラカップの後継に買った。シエラカップは柄を畳めないので収容に微妙に困るのだ。このワッパーは完全に畳め、しかも同じサイズのものはスタックできる優れもの。
 さて、このままでは面白くないので、雨が降るまではと思い、境川を南下していった。ずっと曇り空が続いているが、花は色鮮やかだ
 高鎌橋下流側の工事が終わったと思ったら、いつのまにやらがが出来ていた。なんか水しぶきが飛んでくると思ったら。見たところ、軟質素材を使っているように見えた。
 南端の休憩所に至り、さて折り返そうかと思った時、雨粒がポツポツと顔に当たった。今までも何度もポツポツ来てはいたが、これは本格的なものになると思われた。急いで帰宅する。幸い、本降りになる前に戻れた。
 帰宅して、しばらくして外を見たら、もう本降りになっていた。今日は助かったな。
 さて、夕食として、Esporeso Pastaを作ってみた。買ったのはアラビアータ。ちょい辛い奴。熱源はPrimusのP-111。これ、大きめの鍋だと気を使う。ので、スパイダー型のP-123も買おうと思っている。
 水を300ml、モンベルのチタン鍋で沸かし、パスタを全量投下する。ショートパスタで、いかにも食べやすそう。調味料も一緒くたになっている。それらを煮込み、水気が無くなった所で完成。チタン鍋なので熱が分散しにくく、うっかり一部を焦がせてしまった。
 食べてみると、アラビアータだけにピリリと辛味が効いて、ぺろりと平らげてしまえる。夕食には物足りないが、山やサイクリング中の軽食にはいいな。
 今度はご飯系のものを試してみよう。
No comments

2008年5月18日(日曜日)

SatRDayでグランベリーモールを襲う

自転車 ( 自転車散歩 ) , デジタルカメラ 19:17:00 天気:くもり気味
 昨日の熊谷往復で満足したのか、今日の荒川には出撃意欲が湧かなかった。のんびり過ごす。
 夕方、ガスバーナーP111のイグナイターが不調なこともあり、南町田のモンベルショップに向かった。久しぶりにSatRDayを出撃させる。5/31~6/1の南会津に連れてゆくつもりなので、調子を見る意味もある。
 SatRDayは普通に快調で、市道環状4号、海軍道路と北上していった。
 モンベルショップでイグナイターの補修部品を探す。以前は見かけたのに、今日は無かった。売り切れかな。自転車コーナーにもチェックを入れておいた。近々、軽い雨具を買っておかないと。
 帰宅する途中のサイクリングロードで夕景を撮った。今日はD70に18-55mmを付けていったのだが、やはり18-200mmに較べると像がボケてしまう気がする。なんでだろう、VRのせいでもなさそうなのだが。とりあえず、SatRDayを撮るくらいなら無問題なので、いずれまた追及してみようと思う。

2008年5月11日(日曜日)

Powershot S3ISのRawデータをいじくる

デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 20:50:00 天気:雨のちくもり
 雨は昼くらいまで降り続けて休日を台無しにし、午後になってようやくあがった。雨よりも寒さに参ってしまい、なにもやる気になれない。
 それでも、夕方にはBromptonで境川に出かけた。体が腐りそうなんでな。それと、この間S3ISに入れてみたCHDKの使い勝手も見たい。
 Brompton本体は絶好調だが、キャリアの固定がしばしば緩むのが困りモノ。固定ボルトに共締めしてあるテールライト(の台座)のせいだろう。これが軟質プラスチック製なので、力をかけると速攻で緩むのだ。今日も走っているうちにがたつくなと思っていたら、カランと脱落しやがった。ここは考え直す時期だ。
 やっと雨が上がったからということか、天気がいまいちなのに自転車がそれなりに多かった。
 さて、S3ISを抱えてきたので、曇り空にもめげず色鮮やかな花や、黄色すぎるBromptonを撮ってみた。RawデータはRaw Therapeeで処理してみた。シャープネスを掛けすぎたのか、微妙に解像度が落ちてしまったように見える。まだ試行錯誤の段階だ。というか、S3ISで頑張ってRawデータを得ても、あまりおいしくは無いように感じる。むしろ、ヒストグラムやゼブラパターンが便利だ。S3ISは気を抜くとすぐ白飛びが起きるカメラなのだが、これらの機能を使えば未然に防げそうだ。
 BD-1も全天候型に戻そうと思いつつ、帰宅。
No comments

2008年5月06日(火曜日)

BD-1小改装と夕陽

自転車 ( 自転車いじり , 自転車散歩 ) , デジタルカメラ 21:22:00 天気:晴れ
 今日は遠出するつもりが無い。部屋の中でのんびり過ごす。でも、旅行の後始末はつけないとね。ということで、まずはMR-4F改の整備に手を着ける。チェーンを洗い、ギア類、クランク、BBまで外して汚れを落とした。フロント側のミドルギアは、そろそろ替え時かな。チェーンとバーテープも、そろそろ替えたい。とりあえずはこのまま元に戻す。しかし、フレームが傷だらけなので、自動車用のレタッチペンキを塗っておいた。パーツ以前に、フレームの限界が来そうだ。MR-4Fの後継っていろいろ考えてはいるのだけど、このセグメントの自転車で適当なものが思いつかない。MR-4系はPocketRocketよりはラグジュアリー指向だし、Airnimalはなんか違う気がする。このままだと、フレーム寿命が尽きても、またMR-4を買うしかないではないか。まあ、それでもいいが。
 次にBD-1を引っ張り出す。前にM772に換装したときに、ディレイラー調整がどうにもうまく行かなかった。それとセキサイダーを外してみるつもりだった。M772化によって折りたたみ幅の縮小が出来たので、さらに縮小させるべく、セキサイダー取り外しを試みたのだ。フロント側泥除けの破損が進んだので、いっそすっぴんにしようと言う考えもあった。
 前の泥除け、セキサイダーを外し*1、折りたたんでみた。むぅ、なんといいますか、思うように幅が小さくならないものですな。セキサイダーと前ハブ軸の接触を避けても、前後のハブ軸が接触するのは変わりないので、結局それほどの縮幅にはつながらないのだ。また、セキサイダー無しのBD-1折り畳みが、こんなに面倒になるなんて。BD-1のコロにどれだけ助けられていたか、身に染みた。
 とりあえずは、そのままラックに戻したが、前泥除けを何とかして、セキサイダーも再装着するつもりだ。M772化しただけでも結構な縮幅になっているので、結局はこの状態が最適だと思った。
 夕方、TCR-2で境川に出て、PowerShot S3ISで夕陽を撮った。雲は少なかったが、エアロゾルが多いのか、結構な夕焼けになった。
No comments

2008年5月02日(金曜日)

中休みのはずが、なぜか高所に登坂

自転車 ( 自転車散歩 ) 20:21:00 天気:晴れたね
 明日からは兄一家としまなみ海道だが、今日一日は予定ナッシング。なにをしようかな。とりあえずは飯だ。中通りに出て、モリスを襲う。11:00前と言う時間だったにもかかわらず、入店待ちの人が数人いた。あまり有名になって欲しくない店なのだが。母がフライケーキを所望していたので、買ってから一度帰宅した。
 後は何をしよう。今度の四国カルスト越え*1で、幟には多少の自信がついた。今までも1000m級くらいなら登れる自信はあった。しかし、翌日には確実にダメージが残るだろうと思っていたものだ。だが今回のツーリングでは、翌日にもあまり疲労を感じなかった。体力がというわけでなく、強いて言えばスキルが向上したのだろう。要するに、坂とは戦うなというものだ。おかげで、連戦の日々にも耐えることが出来た。じゃあ、ここら辺で一番厳しい登りも制しておくか。
 呉の市街地から見て一番目立つ山は、頂点に気象レーダーを頂く灰が峰だ。737m。レーダーは既に廃止されているが、緊急用に保管されているようだ。一度、ここに登ってみたかった。
 ここへの登坂路は、東畑から上り始め、熊野方面への峠道で登山道に入るのが良さそうだ。MR-4Fを走らせた。
 東畑の歩道橋の手前から左手に入り、そのまま概ね道なりに登ってゆく。あまり悩むことはなさそうだ。たまげたことに、結構細い道なのにバスが通る。かなり高度が上がるまで、ぶっちゃけ登山道に入るまで、沿道に人家や何がしかの施設が頻出する。
 登山道に入ると、なんだか前方から小学生がパラパラ降りてくる。どうやら遠足の類があった模様。
 頂上までは、概ね四国カルスト越え前半戦程度の登りが続く。あまり消耗することなく、頂上に立った。とはいえ、毎日やれと言われたらめげるね。
 頂上にはレーダーと並んで展望台がある。見晴らしは最高。四国本土、厳島も見えると言うことだ。
 うろうろしながら写真を撮る。秋や冬に登りたいな。春は春霞のせいで視界が悪い。
 山を下って帰宅し、明日からのしまなみ行の準備を進めた。まあ、気楽な旅になるだろう。
No comments

2008年4月20日(日曜日)

そしてMR-4F試走&夕景

デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 20:18:00 天気:すっかり晴れ
 帰宅したのは17:00過ぎだった。天気は西から変わるもので、横浜西部のこの辺では、既にすっかり晴れだ。この時期、日暮れまでにはまだ間がある。太陽高度もまだ高い。というわけで、自転車をMR-4Fに乗り換え、シューズもTNIのものに換え、境川に走り出した。
 そうそう、GPSは絶好調で、丸一日使用したにもかかわらず、電池はまだまだ持ちそうだった。計測精度も良く、ビルの谷間でもほぼ正確な位置を表示してくれた。
 さて、TNIのシューズだが、インソール交換のおかげで、履き始めにもかかわらず馴染み感がある。これを五月旅行に履いてゆく気になった。問題は風通しが良すぎる点だが、それはインナーを持っていって凌ごう。
 境川を下る途中で、ちょうど沈みきった夕陽の方を撮る。構図はいわゆる日の丸になってしまったが、対象が対象なのでこれでいいのだ。
 日が沈みきった頃の、この空の色合いが好きだ。なんというか、また一日が無事に過ぎて行ったなと感じられて、ホッとするからだ。
 南端で折り返し、すっかり暮れきった頃に帰宅。
No comments

4月の荒川参加

自転車 ( 自転車散歩 ) 17:42:00 天気:くもりたまに小雨
 1月以来の荒川に参加してきた。今日はBrompton祭ということだったので、当然Bromptonを携行。
 浮間舟渡には早めに着き、花見の時に会ったmixiの人やらとうだうだ話しながら待つ。なんと、小十郎氏がTikitを買っていた。一昨日納車されたばかりの新車だという。畳んだ状態がこれ。この状態で、左端の部分を取っ手にして、前輪を使って転がすことが出来る。試乗させていただいたが、Bromptonと比較すると非常にソリッドな走行感だ。これは、BromptonもBD-1も持ってないならお勧めではある。とはいえ、なんだろう、この割り切れない感じは。ちなみに小十郎氏のTikitは、かのワイヤーメカニズムではなく、コンベンショナルなスクリュー&ロック式になっていた。こっちの方が軽くて、しかも$200ほども安いのだそうな。
 幹事のRoy氏の号令で走り始めた頃は、だいたい20名ほどになっていた。今日はアースデイライドがあるとかで、やや少なめだった。とはいえ、長岡氏が新車のPocket Llamaを持ち込んできたり、フィリピンから旅行中に立ち寄ったという人も居たりして、なかなか賑わっていた。
 追い風だったこともあり、非常に安楽な道行だった。荒川の管理道路はあちこちで工事が進行していた。ここは以前の道路は右の方なのだが、河川敷側にもなぜか大きく拡張されている。シケインでも作るつもりなのか。
 途中、虹の広場でBrompton祭が開催される。今回は8台が集結。一番右は、違うな……。その隣のオレンジのBromptonは、SUNTOURの古いディレイラーを使って外装6段化されていた。いろいろ写真撮影して参考にする。
 葛西臨海公園で昼食後、三々五々散開してゆく。僕も東京方面隊にくっついて走り出したが、途中で外装Bromptonがバースト。早速、パンク修理大会が開催された。
 その後、東京駅まで走り、帰宅。
No comments

2008年4月09日(水曜日)

帰りに大回り

自転車 ( 自転車散歩 ) , 暮らし 21:25:00 天気:次第にくもりに
 明日明後日と雨になりそうだ。土曜日に横浜水道みちを走ろうという企画に参加するのだが、未舗装区間が泥沼になってないか心配だ。
 さて、少しでも走っておこうと、今日も柏尾川沿いに南下し、藤沢から境川に沿って帰ってきた。北に回頭するまでは概ね追い風、それからは向かい風だった。ライトも回頭するくらいまでは不要だった。次第に昼が長くなってきている。
 これからしばらくは気持ちいい時期が続くので、できるだけこのルートで戻ることにしようと思う。
No comments

2008年4月06日(日曜日)

津久井湖まで往還

自転車 ( 自転車散歩 ) , デジタルカメラ 19:07:00 天気:晴れやらくもりやら
 足の痛みが気になる。でも五月旅行を睨むと、今のうちにちょっとでも走りこんでおかねば。そんなわけで躊躇していたが、昼過ぎに境川に沿って北上することにした。足の痛みは、自転車に乗っている時には全然気にならないのだ。まあ無理しない程度の距離にしましょう。津久井湖、もしかしたらラッテまで往復しよう。
 MasterXLで出るつもりで身支度していたら、突然郵便屋さんがエクスパックを置いていった。なにも頼んだ覚えが無くて混乱する。だが差出人にはなぜか見覚えありだ。悩みつつ開けてみたら、そうか、これだったのか。メイドさんジャージ。男子たるもの、一生に一度はこれを着用の上、奇声を上げつつ暴走しなければならないという。奇声云々は嘘だがな。しかし、これを着て、花見客の多いだろう時期に走るのか。よし、そうしよう。早速袖を通す。これと対で買ったビブショーツは初体験だったが、用足しのためには肩紐をずらしてやればいいと分かった。パンツがずり落ちないのが便利だ。
 さて、長後のCoCo壱番屋で昼食をとり、走り出したのは13:00過ぎ。境川沿いに北上し、R16旧道経由でR16に乗り換えた。相模原でなんぞ祭りでもあったのか、賑やかそうだった。風を背負って、車に注意しつつ、30km/h弱で走っていった。
 さてさて、足が快調なので津久井湖まで行くことにする。橋本の五叉路で直進し、後はGPSを見ながら適当に走った。五叉路から直進して結局R413に合流する道は、意外に路肩が広くて走りやすかった。
 さて、R413に合流してわずかに南下すると、谷ガ原浄水場脇の上りにかかる。ほんのちょっと上り、ほんの少し走ると、あれ、下りだよ。ここから少しだけ下ると、もう城山ダムだった。近っ、っつか、低っ。Bromptonでもなんら問題が無い程度の距離とのぼりだった。踊場の坂に較べたら、圧倒的に楽だ。栗原氏の所感の通りだ。
 観光センターの前で、証拠写真を撮っておいた。おっと、自転車が裏返しだったぜ。桜はかなり散っていたが、他にもたくさんの花が楽しませてくれる。菜の花越しに湖面を撮る
 ライトを持ってきてなかったので、さっさと戻ることにした。帰りはラッテに寄りたかったので、R413を走っていった。が、結局は家政大へのルートを見落としてしまい、橋本まで出てしまう。しょうがないので、南風に逆らい、30km/h強で突っ走って帰宅した。車と競争しなければならないので、結構緊張する。
 今日の走行距離は75km。津久井湖も想像以上に近い場所だった。

2008年4月05日(土曜日)

境川散歩

デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車いじり , 自転車散歩 ) 20:28:00 天気:晴れ
 散歩ったって、自転車でのそれだがな。
 足の痛みが気になって、外出する気が失せる。午前中はPCの前でうだうだしていた。しかし、さすがに午後になって体が腐りそうな気がしてきたので、境川を走ってくることにした。
 出かける前に、パンク中だったTCR-2の前輪を修理する。ふつうのパッチ当てで失敗したので、今度はパークツールのスーパーパッチの出番だ。ってか、これは初めての出動だ。チューブがパナのR-AIRだと、ふつうのブチルとなにかが違うのか、ふつうのパッチの付が悪いみたいだ。パナも自社のイージーパッチを使えと言っている。イージーパッチはイージーパッチで、なかなか信頼を置けないような代物ではあるが。同じような形態のスーパーパッチは信用できるという評価が多いように思う。修理はイージーパッチとまったく同じ手間だ。
 さて、再就役したTCR-2を境川に走らせる。途中、いずみ野の遊水地にある桜並木を撮る。暖かな晴れの日だからか、散歩する人が多かった。
 境川は湘南台の桜は、もう少しで散りそうだ。でも角度を選べば、まだまだ楽しい眺めになる。
 遅めの朝食が軽すぎたのか、お腹が空き始めていた。まだ夕食には遠いという微妙な時間だったので、湘南家でラーメンとギョーザを腹に入れておいた。ここのスープ、どんどん薄くなってきてないか?
 南端で折り返し、帰路に夕景を取る。ちょうど寺でもあるのか*1、田を挟んだ車道に沿って店があり、その裏手に桜があったので、沈む夕陽とともに18-200VRで撮った。
 もう少し上った辺り、近所の人が養生している花畑も撮る。桜の時期が終わっても、他の花が次々に顔を出すだろう。
No comments

2008年4月04日(金曜日)

謎の痛みと

デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 22:08:00 天気:晴れ
 いつの間にか、左足の踵が痛むようになって来た。ここ数日のことだ。なんとなく、歩く時に気になるなと思っていたのだが、いつしか痛みが大きくなってきた。別に歩けないわけではないし、場所が場所なので自転車に乗っている時には気にならない。だが場所が場所なので、五月旅行に響かないか心配だ。
 さて、今日も柏尾川沿いに下り、藤沢経由で帰ることにした。
 柏尾川の桜は木によっては相当に散っているが、まだまだ盛りの木も多い。少し下った、金井公園近くで
 藤沢で境川に乗り換え、遡っていった。湘南台の桜は、日当たりのいい場所の木などは、既に葉桜になりかかっている。やはり、この土日が花見の限界か。
 立場食堂で飯を食ってから帰宅。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 | 44 || Next»