South of Heaven


お品書き



News - 更新履歴
Strange Days - Blogらしいぞ
Oremono - 雑多なインプレッション
Links - いわゆる一つのリンク集

Mail - メール出します

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 924 | 925 | 926 || Next»

久しぶりにGH2持って境川に

2017年01月28日(土) 21時09分 デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れ

 前夜、点灯しないままこたつに入り、ちょっとアルコールを入れたら、もう午前様だった。いやはや、電気入れようが入れるまいが、こたつは魔物だな。
 さて、今日も走るぞ。境川までな。久しぶりにGH2を持って出た。買って6年になるカメラだが、暗所以外ではさほどビハインドを感じない。東北大震災直前に買った、そういう意味では思い出深い。
 夕暮れのピナレロくん。明るいTeam Sky仕様のこいつは、暗い空には似合わない。
 ちょうど、頭上に飛行機雲がかかり、暮れかかった空に白い線を描き、鉄塔の電線といい塩梅に交差する。
 鉄塔ポイントまで北上すると、偶然にもここでも飛行機雲が。おや、スズメが寝床に帰るまで、夕日を眺めているのかな。
 ちょっと薄雲が多いかなと思ったものの、空が燃え始めると微細な雲の陰影が美しい
 遊水地の水面に、湘南台の空が映る。意外に明るいな。
 境川を離れる前に、富士山を見てから帰宅。

VAIO Pro11のチラツキ

2017年01月27日(金) 22時41分 思考 , コンピュータ 天気:晴れ(少し暖か)

 しかしトランプ、どうも評価が難しいね(挨拶)。
 危険な臭いは感じるが、口三味線で終わりそうだったオバマと異なり、トランプは実際に大暴投をやってのけそうな怖さがある。そういう政治的な腕力はありそうだし、米大統領制はそういう豪腕を示唆する制度でもある。まあ、「1984」さながらの世界がすぐ来るとは思えないが、トランプを誕生させたアメリカの流れが継続するのなら、やがて近づいてゆくのかもね。
 さて、現実的な問題として、VAIO Pro11の画面チラツキ問題がある。ドライバ周りの設定をいじって解決できたように思えたが、実際には多少緩和されただけで、相変わらずちらつく。
 が、試していて気づいたことがある。Pro11には大型シートバッテリーを着けているのだが(これで11時間、掛け値なしに使える)、これを外すと解消されるっぽい。ということは、こいつが遂に死んだということか。シートバッテリーの修理は不可能だ。
 幸い、本体だけでも5時間は使えるので、もうこれで凌ぐつもりだ。まだまだ働いてもらうぞ。

今日もサンマルクに

2017年01月26日(木) 20時29分 暮らし , コンピュータ 天気:寒いっす

 鼻毛も凍りそうな朝。いやはや、寒い。
 帰る頃にも冷え込みは急激で、凍えそう。しかし、今日もサンマルクでポータブックを拡げるのであった。ノマドポエマー最下層の貫禄充分ではないか(自画自惨)。
 しかしこの機械、Wifiが何故か不調で、繋がったり繋がらなかったりする。どうも、特定のルーターとの相性が悪いようだ。はぁ、Wifiが登場して20年になるが、未だにこの手の謎の相性は根絶できないなあ。

GW旅行の切符を手配

2017年01月25日(水) 23時30分 暮らし , , , 自転車 ( 自転車旅行検討 ) 天気:寒すぎな晴れ

 GWの種子島、屋久島遠征の切符を手配した。といっても、鹿児島までの往復航空便のみで、島へは鹿児島港からの船便なので別途。種子島はかなり大きい島だし、屋久島も外周1周は楽でも見どころは高所にあるので、それぞれ2泊3日を見込む。さらに現地へのI/Oに1日づつ取るので、余裕は1日。口永良部にも立ち寄ることは出来るかな。
 夜、読書時に目が辛いので、LEDライト付きの読書ルーペを買ってみた。ヘッドマウント式で、それほど重くはないので、便利だ。部屋を暗くしていても、十分な光量で読めるし、ルーペは目に優しい。年を取るのは辛いが、それを回避するハックを漁るのも楽しいものではないか。

安全点検入る

2017年01月24日(火) 22時28分 暮らし 天気:晴れ

 今日は恒例の安全点検が入る日。なので、会社を休んで全裸待機した(全裸ではない)。
 多少の片付けはしたが、荒んだ部屋だな。amazon箱の残骸がうず高く積み上がり、未整理の自転車用品その他が散乱している。逃げたいな。
 実際に現実逃避を成し遂げ(おい自慢じゃないだろ)、そんな荒んだ部屋に昼におっさんたちを迎え入れ、各所の報知器類をチェックしてもらった。今年も特に問題はなかった。
 現実逃避にエネルギーを費やしたので、それから夕方まで昼寝して、それから夕食。今日も恙なく暮れたのであった。

ポチットの防滴防風ウィンタージャケットは良い

2017年01月23日(月) 19時33分 暮らし , 自転車 ( 自転車いじり ) 天気:脳天に響く寒さ

 昨日の八福神巡りには、最近届いたポチット*1の防水防風ジャケットを着ていった。これが、かなり良かった。
 ものはかなり厚手のゴワゴワした素材で、表面に撥水加工してあるせいだろうか。しかし着心地は悪くない。内張りは柔軟で柔らかい。
 その2重構造が顕著なのが袖口で、外皮より内張りの方が長く、手袋とのスキマが出来ないようになっている。ただ、腕時計をする場所を考えないと、2重に隠れやすいとも言える。
 ポケットは背面に大型のもの一つ。大容量で、しかも内ポケットが並行に2つあり、小分けするのに便利だ。ポケット全体は深く、下手すると大きめのサドルバッグより頼りになるくらいだ。
 防風性は高く、首元までジッパーを締め上げると、ほぼ寒風が吹き込んでこない。防滴性能はわからないが、表面加工の様子からはゼロではないだろう。
 総じて値段の割(\6000台)に造りは悪くなく、実用性は十分高い。
 問題は、ものすごい色(中華生産にありがちな深みのない赤)と、微妙なサイズ感。色は諦めるとして、サイズは立っていると腹が覗くほど。パールイズミのものならば、もっとフィットしてくれるのだが、値段は倍になるだろう。
 実用性は十分なので、これも戦列に加えることができる。冬用ジャケットも充実してきた。

吉例瀬谷八福神めぐり

2017年01月22日(日) 21時22分 暮らし , デジタルカメラ , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:快晴続く

 今年も瀬谷八福を回っておこう。
 と、その前に、クリーニングキットが届いたので、D7100の撮像素子を清掃する。うっかりすると破壊するので、慎重に仕事する。しかしこれ、いかにもお仕事用のキットをお分けしますという設定で、素人が稀に清掃するくらいでは全く尺が余ってしまいそう。画像を確認しながら取ってゆくと、大きいものはきれいに取れた。うん、蘇ったな。というわけで、こいつを持ってゆこう。
 さて、相鉄瀬谷駅近辺には八福神*1めぐりが設定されていて、例年相鉄がプッシュしている。その相鉄の収入にはならないが、毎年ありがたく参加させていただいている俺だ。今年もさくっと回る。
 ピナレロくんを駆って瀬谷駅に。ここで相鉄の情報誌をもらう。瀬谷八福神の地図や周辺情報、更には御朱印帳もついていて、便利この上ない。
 まずは駅北東にある長天寺から。ここは本来七福神ではエクストラであるダルマさんが安置されており、それで八福神という設定だ。
 ここからずーっと南下し、八福神巡りで最大の距離を費やして*2全通院勢至堂へ。ここは無住のお堂だが、めでたい寿老人が本尊。
 市道環状4号を横断し、北上し始めたところで、宗川寺の福禄寿境内の梅の木に目を留めると、もう花が咲き始めている。ああ、なんか曽我辺りの梅林に赴いて、ダメ人間セットを仕入れなければならない気がしてきた。
 さらに北上して西福寺の布袋さん。賽銭が敷き詰められたような仏足石がめでたさを感じさせる。
 厚木街道を北に超えると宝蔵寺の弁財天だ。厚木街道は交通量が多く、結構渡りにくい場所だ。
 残りは相鉄線を超えた北側だ。西に走り、相鉄線の高架をくぐる。少し北上すると、立派な山門を持つ徳善寺。ここで毘沙門天をゲット。
 さらに北に向かう。この辺の道が、一番ごちゃごちゃしてわかりにくい。瀬谷銀行跡の少し北辺りにある善昌寺で恵比須さん、最後は更に北東の妙光寺で大黒さんをゲットして、ほい満願。今年も無事に過ごせますように。
 最後に、海軍道路で日没を待った。ピナレロくんのようなロードバイクは、こういうポタリングでも便利なので、ずるいな。
 陽は瀬谷の河岸段丘の上に落ちてゆくすっきり落ちた後の焼けた雲も、味わい深い。クリーニングのお陰でゴミも取れ、八福神もサクッと満願で、気分のいい日だった。

吾妻山公園に恒例の菜の花撮りに

2017年01月21日(土) 22時57分 デジタルカメラ , コンピュータ 天気:快晴だ

 今日も寒いが、そろそろ吾妻山公園の菜の花が咲きそろった頃だ。D7100を担いで行って来た。
 JRで二宮駅に出て、裏手の吾妻山公園登山口から登り始めた。人出は結構ある。
 登りきった辺りの水仙畑は、甘い匂いが漂っている。この匂いを感じると、春は近いなと思う。二宮駅方面を見下ろすと、遠く三浦半島まで見渡せて気持ちいい。
 例年のように浅間神社に参拝し、山頂へ向かった。空気が冷たいが、身が引き締まるようだ*1
 山頂からは、富士山がとても良く見えた。眼下には真鶴方面の海が。傾いてきた陽を受けて、眩しく輝いている。
 この好天だ、カメラ片手の来訪者が多く、テレビカメラまで入っていた。しばし、菜の花畑の周囲を撮り歩く。
nullnullnullnullnullnullnullnullnullnullnullnullnull
 近年に無い好天かつ、富士山もスッキリ見えたので、カメラ片手に何周もしたのだった。
 帰りは、吾妻神社に暇を乞い、帰宅。
 帰宅後、データを見直して、黒い斑点が目立つのに気づいた。ボケ方からして、撮像素子のゴミだろう。前から気づいてはいたが、とうとう我慢しきれず、それなりに高価なクリーニングキットを発注する。クリーニングを頼む手間と費用を考えると、なんとか納得できそうな価格だが、数回は使わないとね。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 924 | 925 | 926 || Next»