South of Heaven


お品書き



News - 更新履歴
Strange Days - Blogらしいぞ
Oremono - 雑多なインプレッション
Links - いわゆる一つのリンク集

Mail - メール出します

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 925 | 926 | 927 || Next»

Nucleus全体をHTTPs化

2018年03月28日(水) 15時18分 General

システムを3.71化し(これはかなり以前)、HTTPsに対応。

今日も境川へ

2017年03月12日(日) 19時24分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れ

 今日はNikon 1 V2を働かせてやろうじゃないか。境川でな。
 ピナレロくんで、境川を南下してゆく。今日も雰囲気は明るい。
 情報センターはすっ飛ばし、清流学園対岸の休憩所へと。途中で買った缶コーヒーを、ここで開ける。境川コーヒーの事、情報センターで飲むものだと、いつから思い込んでいた?
 夕方、雀たちが活発に動き回っている。まあ可愛いこと可愛いこと。
 今日は昨日に比べて雲が多く、鉄塔ポイントでは繊細な夕雲が、夕陽を朧に見せていた。
 湘南台の遊水池に沈む夕日。なんとなく天気が崩れそうな不穏さだ。

境川に久しぶりにGX200を持ち出す

2017年03月11日(土) 21時58分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:快晴

 ふと、手元のカメラの中では最古*1を使いたくなったので、境川に持ち出した。
 ピナレロくんで、境川を下ってゆく。寒い、けど明るい。春は近い、でもまだ冬だ。そんな境川で春の兆しを見つける。この時期の芝桜は狂い咲きだろうが。
 ピナレロくんをGX200で撮る。もう9年前に買ったカメラだが、なぜか使いやすくて手放せない。撮像素子が旧世代なので暗く、またAFも遅いが、それさえ納得すれば今でも十分使える。
 鉄塔ポイントで夕陽を待つ。この辺でかいちの旦那と久しぶりに会う。運動禁止されていたので、えらい太ったとか。また絞らなきゃね。
 湘南台の遊水池、日没後の鏡のような水面に見とれる。今日も平和に終わった。

今日も境川でコーヒー飲んで帰る

2017年03月05日(日) 21時09分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:くもり

 今日は少し風が温い。よし、境川コーヒーだ!*1
 境川に繰り出し、情報センターで缶コーヒーを。まだホットで行けるな。
 今日はD7100+35mm単焦点で来たので、あまり撮らない構図で。
 後方を撮るとこう。安くて、収差の少ないレンズだが、lightroomで一発補正できる今、その点にどれだけの価値が残っているだろうか。

境川でコーヒー飲んで帰る

2017年03月04日(土) 20時04分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れです

 寒い日が続きすぎなので、そろそろ暖かくして頂きたい(切実)。
 こういう時は、境川まで走って体を温めよう。というわけで、今日も今日とて境川だ。おや、川沿いのが咲き始めている。ちょっと気分がいいねえ。
 寒さの中に春の気配を妄想しつつ(妄想かよ)、情報センターで缶コーヒーをぐい飲み。寒さがきつい時分の境川だからこそ、コーヒーも脂がのってうまいってもんだ。
 少し明るくなった気がする(太陽高度があがってきたのだろう)清流学園対岸の休憩所で、ピナレロくんを。夏に合う青いピナレロくんだが、この寒々しい頃にも合うなあ。まあ、今年も頼むぜ、相棒。

天王森泉公園でつるし雛を見る

2017年02月26日(日) 19時47分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れ時々曇り

今日も夕方に境川まで自転車散歩、というか散走というか。
 いつも、遊水池公園へと、市道環状4号からアプローチするのだが、その途中で通りがかる天王森公園で、つるし雛のイベントをやっていた。立ち寄ってみる。
 の前に、庭に出ていた豚汁の屋台がうまそうだったので、お一つ求める。地物野菜がごろりと入っていて、美味でした。
 ここは養蚕が盛んだったころの古い館で、中には飾り雛、つるし雛がみつしりと。イベントと知らなかったら、むしろ鬼気迫る狂気を感じていたろう。立派な雛壇もあり、恐らく旧家から寄贈されたものだろう。
 庭には梅花が咲き始めている。
 残念ながら曇って夕景はいまいちだったので、ピナレロくんを撮って帰宅した。

真冬の境川夕景観測

2017年02月25日(土) 21時37分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れ

 ううう、寒い(挨拶)。
 昨日はCP+に出かけたので、今日はなんとなく休みの中日感が強く、土曜日という感じではない。寒さにかまけて朝寝する。
 午後には境川に向かう。今日もEM-5iiをぶら下げてゆく。冬の夕方らしい、淡い落日だ。すっかり日は落ち、のっぺりした闇に飲まれながらも、富士山もよく見えた
 寒さに震えつつ帰宅。

CP+2017に行ってきた

2017年02月24日(金) 21時20分 デジタルカメラ 天気:晴れ

 今日も例の定着したんだかしてないんだかなプレミアムフライデーなので、午後半休で退ける。CP+に行ってくるのだ。
 会社から、地下鉄で桜木町に出る。みなとみらいも久しぶりだな。年1回は来ているにしてもだ。
 今日はE-M5iiに12-50mmを着けてきた。暗いところは苦手だが、明るい外なら何ら問題を感じない。日本丸、船首が見切れちまってやがる。みんな大好き、ランドマークタワー足元の謎造形
 ヘボヘボ写真を量産しつつ、CP+会場に。例年面白いカメラ博物館の展示。今年はステレオ(3D)カメラの展示だった。人間が見ているままに撮りたいという欲望は、実にカメラの黎明期からすでに追及されていた。そりゃそうだ、人間の目とのアナロジーから、2台のカメラから適切な位置で撮れば、ステレオなんて簡単だとみんな思う。しかし規格の変化や色調再生の高度化、なによりもデジタル化により、3D撮影はより人間の目に近づき、センシングという意味では追い越しつつもある。ところが、商業的にはまだ一度も成功を収めていない。ずっと市場に残る3Dカメラというものが見当たらない。これはどういうことなんだろう。
 会場を見て回った。ニコンは100周年ということで、記念モデルに力が入っている。ソニー、キャノンとも最大級のブースを構え、しかも1眼に的を絞っていた。面白いことができるのはコンデジの方だった(安価な防水モデルとか)のだが、コンデジ冬の時代はバリエーションにさえも制約を課している。
 全体的に、遅まきながらアクションカムにフォーカスしたメーカーが多い。しかし、どれもみんなでかすぎる。もっとシンプルで、軽いのがいいんだが。
 ところ、一番見ておきたかったのだが、カシオのスマートウォッチ版ProTrek。サイズは相当大きく、やや腰が引けたが、地図を見ようとするとやむを得ないのか。まあ、一番使いたいシチュエーションでは、手首にではなくて、もう少し上腕側に着けるだろう*1から、意外に気にならないかも。
 最後に、みんな見たいだろう、D500の100周年モデルを見てゆく。
 例年通り、関内駅近くのとんかつ屋でビール飲みつつ反省会を開き、帰宅。スマートウォッチ版ProTrekは、かなり欲しくなった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 925 | 926 | 927 || Next»