South of Heaven


お品書き



News - 更新履歴
Strange Days - Blogらしいぞ
Oremono - 雑多なインプレッション
Links - いわゆる一つのリンク集

Mail - メール出します

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 901 | 902 | 903 || Next»

謎の96式自動擲弾銃(の実包)

2016年08月25日(木) 22時29分 思考 , 暮らし 天気:暑いです

 今日もジェットコースターみたいに仕事が暴れまわり、吾輩はもうヘトヘトだ。
 さて、自衛隊にAAV7が導入されて暫く経つが、ずっと疑問に思っていることがある。あれはメーカーサイドの新古車を導入したので、仕様はまるきり米海兵隊仕様のはず。そうなると、積載されている銃塔には、米軍制式のMk.19自動擲弾銃が収まっているはずだ。自衛隊制式の96式自動擲弾銃をインテグレートする暇はなかったと思うので。
 疑問というのは、この2種類の自動擲弾銃の実包の差だ。Mk.19は40*53。96式は表記上は40*56。こっちのほうが長い。弾薬の表記は薬莢長を表すので、互換性がないサイズだ。
 ところが、Wikipediaでは96式は40*53を使うグループにまとめられ、互換性があるように読める。この差はなんだ。
 想像するに、96式は確かに40*53も食えるのではないだろうか。何らかの調整が必要かもしれないが、どちらも受け入れられるようになっているのではないか。
 自衛隊の基本戦略は、万が一の大規模侵略の場合、在日米軍ともども最大限の抵抗をしつつ、援軍*1の到着を待つものだ。その間、米軍とは武器弾薬の融通が出来ないと、日米共同の戦闘は難しい。だから小銃弾はNATO弾に統一されているし、少なくとも前線部隊の弾薬で互換性がないのは35mmくらいのはず。ミサイルや投擲兵器は別にして。特にかなり多量に配備されている96式APCに載っている96式自動擲弾銃の補給は重視されているはずだ。だから、米軍規格、もっと言えば旧西側規格の40*53が撃てないのはまずい。当然食えるようになっているはずだ。
 もっとも、そうなるとわざわざ40*56なんて微妙に違う規格の弾薬をわざわざ開発したのが謎だ。40mm擲弾に関しては、米軍の弾薬をテストした自衛隊が、その不発率を問題視したとの話も聞いたので、そこが絡んでいるのかもしれない。当然、戦時にはそんなことは無視するのだろう。

再度エスビット炊飯を試みる

2016年08月24日(水) 23時22分 暮らし , モノ 天気:晴れのち曇りのち雷

 今日もえらい雷雨だ。最近、横浜で雷雨注意報が出ない日はない。
 さて、今夜もメスティンとエスビットで、炊飯を試みる。
 今日は米を2/3合に減らし、前回の結果を基に2タブレットで賄えると予想。最初に1燃やし、更に1を継ぎ足した。十分炊けたのだが、水が少なかったようで、強飯気味になってしまった。まあ香ばしくて美味しかったけど、もっと柔無いのが良いな。水加減が難しいな。
 ともあれ、これで野良喫茶に加え、野良炊飯を行う自信が付いた。自転車ツーリングでは、昼食地点に店が無いこともあるから、こうして行動の自由度を広げるのが良い。

エスビットの性能を試す

2016年08月23日(火) 22時15分 暮らし , モノ 天気:暑い

 いやー、今日もヘビーな残業だった(挨拶)。
 さて、買って随分立つのに、使う度に心が沸き立ってしまうのが、エスビット。なんだろうね、この大して強くもない炎が頼りなげに燃えているだけなのに、ずっと見ていたくなる感覚。
 今日は我がエスビット本体と同じく15年選手くらいのシエラカップで、水を200mlくらい沸かしてみた。室温が高いせいもあるのだろうが、スタンダードタブレット一つで結構良いところまで沸く。ポコポコと気泡が出始めるくらいで尽きたので、80~90℃くらいまでは行った。これくらいなら、お茶に最適だ。
 しかし、冬場にはこれが倍になり、更に風があると更に倍になる。3~4個を消費するわけだ。この変動の大きさが難しいところであり、エンスー気分を味わえる部分でもあるのだ。ガスだと「今回は長くかかったかな」くらいだからな。今年の冬は野良喫茶してやろう。

台風がドカドカと過ぎていった

2016年08月22日(月) 23時33分 暮らし 天気:すごい豪雨

 台風絶賛接近中。その御蔭かなんなのか、あさから頭痛がひどい。ので、休む。
 しかし、会社に電話かけても、誰も出てくれない。電車が止まりまくっているようで、出勤出来ない人が多いのか。掛けなおしているうちにつながり、所用を伝えた。
 部屋でおとなしく寝るしかない状況だ。頭痛のせいで寝るに寝られない。そうこうするうちに、横浜中に避難準備が掛けられ始めた。瀬谷区にまで。あそこは境川段丘の中だからなあ。
 猛烈な風がドアを叩き、雨雲レーダーを見ても強雨域が列をなしてやってくる状況だ。
 昼頃、ふと雨音が弱まったと思ったら、ちょうど目が過ぎていくところだった。午後に入ると再び雨音が強まったが、やがて徐々に止んでいった。
 その間、暇だったので、エスビットで久しぶりに炊飯してみた。3/4合をスタンダードタブレット3つで炊けた。風があればもう1個要るだろうし、冬場には倍になるので、8つくらい要ることになる。しかし、こんな簡素なコンロで炊飯できるんだから、もう気分的にはどこにでも行けそうじゃないか。望地弁天でキャンプしようじゃないか。

追分市民の森に向日葵を見に行ってきた

2016年08月21日(日) 23時28分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:晴れ

 今年は座間には行ってないから、追分市民の森に向日葵を見に行こう。
 ピナレロくんをヘコヘコと走らせ、中原街道を少し北上した辺りで、追分市民の森に入った。ちょっと遠回りに、北端の方からアプローチする。
 うん、今年も八重の向日葵が盛大に咲いている。こいつはふつうの向日葵より遅咲きなのか、まだまだ咲き続けている様子だ。中に混じっている普通の向日葵は、既に種収穫モードになっている。
 8月も、まだ10日ほどもあるのだし、9月も暑いに決まっているのだが、なにか夏が終わった感がある。

雨予報に機会を伺っているうちに殺られる

2016年08月20日(土) 21時56分 暮らし 天気:ほぼくもりかなり雨少し晴れ

 昨日は雨の予報。今日はエアコンの効いた部屋でのんびりしよう。と思っていたのだが、窓から見える雲には晴れ間も多い。ウズウズとしながら、外出の機会を伺う。慎重になっているのは、こういう時は外出した途端に殺られる*1からだ。
 午後に入って、頭上に禍々しい雨雲が現れては、消えるようになった。自転車は無理だな。
 しかし夕方、流石に買い物に出ようと、空の状態を見ながら玄関で靴を履いていたら、突然激しい驟雨が襲ってきた。ま、まだ玄関だから助かったが。しかしまあ、油断ならない天気なことだ。

今日も血ぃ抜かれに病院に

2016年08月19日(金) 22時56分 暮らし , 自転車 ( 自転車散歩 ) 天気:だいたい晴れ

 朝イチでパラっと来たようだが、出る頃にはピーカンの晴れ。どぎつい陽光に痛めつけられる。せめて薄雲なりとも残ってくれないか。
 昼に半日年休で退社。病院までてくてく歩き、血ぃ抜かれてから昼食。美味しいです。
 その後の診察で、薬の効果に問題ないことを説明され、恙無く辞去。
 外は暑いが、川沿いは木陰があり、風も涼しい。
 帰宅しても時間があったので、ピナレロくんで境川に出ようと思った。だが、なんと前輪がパンクしている。代わりにコルナゴ様を出撃させる。
 清流学園対岸の休憩所に到達した頃、頭上にかかった雲が、パラパラと雨を振らせてきた。東屋*1で雨を凌いでいると、立派な虹が立ち上がってきた。夏の雨は良いな。冬は死ねるが。

お湿り来たる

2016年08月18日(木) 22時07分 暮らし 天気:くもり時々晴れ

 涼しく快適だった北海道の日々を思えば、この糞暑い横浜は地獄に相違ない。せめて湿度を控えてはくださらぬものか。
 そんな俺の悲痛な心の叫びを汲み取ってくださったのだろう、朝方にちょろっとした雨が降った。気温を下げる効果はほとんどない。その代わり、湿度は覿面に上がる。朝からジメジメと汗に苦しめられる羽目になる。天帝、許すまじ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 901 | 902 | 903 || Next»