Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 |...| 211 | 212 | 213 || Next»

2000年4月06日(木曜日)

久々に休む

暮らし 20:59:00 天気:くもり
 前日、深夜までどんちゃん騒ぎしていたので(嘘です、ひざを抱えて黄昏てました)、目覚めは最悪。そのせいか、起き抜けに腹が異常発酵している感じだった。地下鉄でピーは恐怖なので、さっくり休む。が、これは食中りの前触れだったようで、会社に電話を入れてまもなく吐いた。うげぇ、少し痛んだオレンジを食った祟りか。ともあれ、水分を摂り、梅干パワーに頼った治療を試みた結果、夕方までには快復した。
No comments

2000年4月06日(木曜日)

4/5の暮らし

暮らし 20:56:00 天気:くもり
 くもりというか、雨だけど。
 昼に、新会社の設立式が執り行われた。設立式というより結社式かな。なんだかKKKの集会みたいで楽しそう(KKKは嫌だが)。
 実際の式典は楽しくもなく、新執行部の顔ぶれを眺め、多少の演説を拝聴しただけのものだった。30分で終わったのが救いだった。
No comments

2000年4月03日(月曜日)

ここは吉野家

暮らし 20:52:00 天気:くもり
 なんともぱっとしない天気が続く。今日も雑用ばかりが多くて、ピークのはっきりしない仕事が続いた。しかし定時頃までにはあらかた片付けて、さっさと帰宅。
 帰路、立場駅近くのヨークマートに寄って、自宅近くに出来た吉野屋で牛丼をかっ食らって帰った。まだ店が新しいためか、店員にノウハウが蓄積されておらず、細かな失敗を繰り返しているようだ。
 帰ったのは19:00過ぎで、それから1:00くらいまで寝た。いや、体がストライキを起こしそうだったので。だが突然早寝したせいか、その後は寝ようにも眠れないわ、頭はボーっとするわで大変だった。どうせなら3:00くらいまで寝ればよかったのに。
 空は曇りきっていたので、今夜の観望はなし。あー、曇る日が続いている。
No comments

2000年4月01日(土曜日)

渋谷謎宴会

暮らし 23:47:00 天気:晴れ
 今日は北海道の謎妖精みかりんを囲んだ宴会が開かれる日。時間は13:00だと記憶していたので、眠いが10:30には起きた。起きて最後の確認をしておこうと思い、過去のメールを探してみた。あったあった。えらい昔に流れたメールだが......。メールには18:30集合と書いてあるぞ。ありゃ、間違えて記憶していたか(怒りつつもはからずも笑)。逆に憶えていたら今ごろ真っ青だ。
 しょーがないなー、とばかりにもう少し寝て、それからダラダラダラダラと出かけようかな、でももう少し眠いしぃ、などと優柔不断の極限を追求し続けた。早く出ればいろんな用事を片付けることも出来たのに。結局、16:30に出た。
 渋谷には16:25くらいに到着。さて、誰か来てるかな......誰も来てない(怒)。久遠さんは端から諦めてるとして、他のメンバーが誰も来てないというのは一体......。
 もしかして場所間違えたかなー、とお使いに出た子供のような不安な気持ちで待っていると、突然ショートカットの女性から「あのー」と話しかけられた。相手は主賓のみかりんだった。良かった、主賓が来ても誰も来てないなどという失態をしでかさないで(爆)。
 みかりんは大学入学のために上京した複合装甲君(チョバム・アーマー?)の随行員として下向してきたのだ。しかしその複合装甲君の姿は?
「はぐれちゃいました」とみかりんは明るくいった。オイオイ、それで保護者代わりのつもりか(爆)。「大学ってサークルの勧誘とかあるんでしょう。それに捕まってるか、あるいは浮いているか......」と、どこに浮かぶんだよと突っ込みたくなるようなことをいう。
「今ごろ赤色革命に燃える戦士になっているか、オウムに入っているか......」と僕は当たり障りのないことを(どこがだ)答えた気がする。
 続いてY.SATO氏が登場。気になったので集合場所や時間を確認したが、氏が所持しているA60(欲しいなあ、ほんとは)でお知らせメールを読むと、ここで、この時刻で正しいことが確信できた。
 さて他のメンバーは現れない。集合時刻は過ぎている。来ないネー、と話しつつ、唯一電話番号を控えていたいしかわさんに電話しようとしていると、すぐ目の前を見慣れた顔が過っていくではないか。慌ててボディランゲージ(ようするに手招き)を駆使して呼び止めると、確かに京木さんだった。
 京木さんとみかりんがおしゃべりしている間に、いしかわさんに何度か電話してみたが、留守電につながるばかりだ。どうしたことかと思っていると、凄まじい雑踏をかきわけてぽんちえ&Kの両氏が登場した。これで半分が揃った。
 さて残りは、と再びいしかわさんに電話しようとしたところ、ある重大な事実が判明した。我がPHSにはいしかわさんの番号が二つ登録されていたのだが、その一方を現用の番号と勘違いしていたのだが、事実は逆だったのだ。全然無関係の人にかかっていたかもしれない。すまん。
 早速正しい番号にかけると、すぐ応答があった。近くに来ているという。しかしいしかわさんは集合時間を19:00だと思い込んでいたらしい。待ってますと伝え、電話を切った。
 程なく、久遠さんが予定通り遅刻して登場した(爆)。今日は仕事帰りらしい。スーツ姿だった。続いていしかわさんも登場。
 集まった8人で来てないメンバー、複合装甲君と妄言王はどうしようという事を話し合ったが、まあなんとかなるんでないかいといういい加減な結論を得て会場に向かった。場所はモーモーパラダイス。歩きながらその道順の複雑さに皆驚き、「これでは妄言王の到達は不可能だ」という意見が優勢をしめた。
 モーモーパラダイスは、新学期直前の週末ということで満員状態。飛び込みの客が店先に列を成している。我々は久遠さんの骨折りで予約が入っていたので、難なく席に着いた。
 我々を待っていたのはしゃぶしゃぶとすき焼きの鍋。それからしばしの間、僕はビアフラ紛争で2年くらい欠食していた児童のように、ひたすら肉を鍋でさらし、食らった。瞬く間に肉の皿が片づいていく。
 しばらくしてみかりんに複合装甲君から電話が入った。やっと渋谷に着いたという。一人では来れないだろうから迎えにいかねばならないが、顔はみかりんだけが知っているが、渋谷の地理に関しては不安がある。そこでみかりんと久遠さんが迎えに行くことになり、ここで中座。
 その間も酒席は進む。いやもっぱら食う方だったが。なにか話していたような気がするが、食う一方だったので憶えていない(爆)。
 が、ここで驚くべき事態が発生した。妄言王が忽然と姿を表したのである。誰もが予想もしなかった展開である。なんでも交番で道順を聞いてきたらしい。恐るべし、妄言王。その潜在能力は侮れない。というか、他のメンバー(特に僕、いしかわ、京木)の方向音痴ぶりが凄すぎるのかもしれない(滅)。
 宴席のかなたでいつの間にか多量の酒と肉を片付けていく妄氏をよそに、我々はあれこれとなく雑談しながらやはり食った。というか僕はそれ専業。
 ここでアクシデント発生。隣の小うるさい学生の一団だったか、店員だったかは不明なのだが、いしかわさんの背後におかれた壷が倒れ、服にポン酢がかかってしまったのだ。当然、いしかわ嬢は怒る。店員謝る。その向こうの学生は無関心。しばらくして店長らしき人が来て、クリーニング代を出すことで謝罪に替えることになった。「ジーンズだったら別になんにもいわないんだけど」とはいしかわさんの言。クリーム色のスカートだったので、ポン酢なんて付けられたら目だってしまうだろう。
 この騒動が収まった頃、ようやく複合装甲君を連れた両氏が帰ってきた。複合装甲君は理工系っぽい感じ。どことなくロシアンなアバウトさを漂わせたみかりんといいコンビかもしれない。苦労するのがどっちかは明白だが(笑)。
 この辺で場はいよいよ盛り上がる。話題は巨人の星、アストロ球団、侍ジャイアンツなどなど、'70年代に狂気のように輝いた野球マンガたちの事だった。もっぱらぽんちえさんの独演会となった。すぐ近くで見ていた複合装甲君にとっては、まるで伝説のウッドストックを語るタケカワユキヒデのように映っただろう。アストロ球団なんて、試合毎に誰か死んでたんだぜ(それじゃ野球にならんよ)。
 あれやこれやと話しているうちに、我々はなんと3時間も居すわってしまった。なにせ、ラストオーダーの後もかなり居すわっていたのだから。「絵に描いたような千鳥足」(Kさんいわく)の妄言王の心配をしつつ(いや心にもないことを書いてしまった)、我々は渋谷駅で解散した。
No comments

2000年3月31日(金曜日)

さらば我が社よ

暮らし 22:45:00 天気:くもり
 期の変わり目直前ということで、様々な業務が待ち受けていた一日だった。
 もう一つ、今日は我が社最後の日という意味でも特別な意味を持つ日だった。4/1に我が社を含むこのきなんのき系企業3社が合併し、新会社になるのだ。僕が入社した日に出来た会社だったので、それなりの感慨はある。
 これを記念して、18:30から横浜のホテルで解散式なるものが催された。宴会中の抽選会で僕に5000円の商品券が当たった。これで運は使い尽くしたか? でも会社が無くなることだし、リセットされるよね(誰に念押ししてるんだ)。
No comments

2000年3月30日(木曜日)

3/30の暮らし

暮らし 20:43:00 天気:概ね晴れ
 朝からレビューがある日はつらい。眠いので薄荷の飴をしゃぶりながら凌ぎ通す。眠いというより目が痛いのだ。花粉症と寝不足のダブルパンチだ。
No comments

2000年3月29日(水曜日)

今夜の観望

暮らし 23:42:00
 日付が変わる頃にベランダに出てみると、空は雲に半ば覆われていた。寝る前、2:00過ぎにまた出てみると、今度はきれいに晴れている。しかし望遠鏡を出す気力はなく、双眼鏡でスピカ、アンタレス、ベテルギウスの三角地帯を眺めただけだった。風は弱くシンチレーションは安定していたので、まったく残念なり。
No comments

3/29の暮らし

暮らし 22:41:00 天気:晴れ時々曇り
 本来ならば定時退勤日だった。ところが定時後も長引く仕事がだらだらと続き、帰ったのは21:00過ぎ。クリーニングだの買い物だのしなければならなかったのに、なにもする時間がなかった。一人身のつらいところだ。
 帰ると、運送屋から『荷物持ってきたけどいなかったので云々』というメモが入っていた。送り主からすると赤道儀他が届いたようだ。
No comments

2000年3月28日(火曜日)

3/28の暮らし

暮らし 20:39:00 天気:雨
 昼頃から雨が降り始めた。予報どおりなのだが、あいにく折り畳み傘しか持っていない。夕方帰る頃にはかなり激しく降っていたので、うちに帰り着くまでの間に濡れ鼠になってしまった。いやはや、酷い目にあった。広く開けた平地のせいか、立場近辺は風が強いようだ。夜通し雨戸をガタガタ揺らせていた。~
No comments

2000年3月27日(月曜日)

花粉症真っ盛り

暮らし 17:37:00 天気:曇り
 朝、目覚めると、目やにで目がもこもこした感じだ。こんな密閉した部屋だってのに、この仕打ちはないだろう。
 出勤途上で多量に花粉を吸うので、会社に着いたら目を洗うことにしている。多少は楽になる。これでさくら花粉症なんてのにかかったら、世を儚んじゃうよな。
No comments

2000年3月25日(土曜日)

秋葉原

暮らし 19:14:00 天気:晴れ
 前日、明け方まで観望していたので、寝たのは6:00近かった。それでも昼前には起きようと思っていたのだけれど、実際に目覚めたのは13:00過ぎ。身支度して秋葉に出かけた。
 秋葉原駅の電気街口ではあまりの混雑にロープ規制が始まった様子だ。僕は昭和通口から出るので問題なし。実際、デパート口に回ったほうがよほど早いんじゃないだろうか。
 昭和通口を出て、まずはスターベースへ。途中のカメラ屋でE950に取り付け可能なスリムタイプのスリングと、レンズクリーニングキット、汎用のレリーズを買った。レリーズはE950には本来接続できないが、装着部品を自作するつもりだ。
 スターベースに入ると前回と異なり他の客がいて、店員のおじさんと親しげに話している。適当なアイピースと、ムーンフィルターを買いたかったのだけど、ちょっと悩んでここではひよった。また100EDに最適な架台について相談したかったのだけど、他の客の相手で忙しそうだったのでやめにした。
 その足で書泉グランデに向かい、雑誌を何冊か購入した。今回はじめて4階以上に上ったが、ずいぶん濃い品揃えだ。
 KYOEIではスターベースで買わなかったLV4mmを購入。これを100EDにつけると160倍だ。なんだか中途半端だが、この次はいきなり3.2mmとかになって200倍を超えてしまうので、これくらいが使い勝手の点からも限界なのだ。その意味では、KYOEIオリジナルのLA3.8mmが良いのだけれど。
 電気街を巡回中、メッセサンオーでULTIMA1から8までを一まとめにした恐ろしいパックを発見。エミュレータで動く代物らしい。こんなものを買っては他に何もできなくなる、と警戒はしたものの、事実はこいつを手に店を出る羽目に。うーん、Wizといいこれといい、やばい物が次々に手に入ってしまう。
 歩くのも飽きたので、とんかつを食って帰った。
 帰って早速Ultima1をプレイしてみた。驚くべきことにこれはファミコンかなんかのコンシューマ機用の移植品を、エミュレータ上でそのまま動かしているという代物だった。でも動作は予想外に軽快だ。ファミコン用は3の移植のあまりの酷さに憤慨し(許すまじ秋元康)、4の出来の良さに感激した経験があるのだが、1と2はプレイしていない。というか最後までやり通したのがファミコン版の4だけという無惨な状況だ。ウルティマ萌えな人に「ウルティマってのはねえ」などとほざけば撲殺間違いなしだ。
No comments

2000年3月23日(木曜日)

吉野屋

暮らし 23:11:00
 家に帰る前、帰って食事を作る材料が無さそうに思えたので、吉野屋で牛丼をかっ食らって帰った。特盛を食らいながらふと壁の広告スペースに目をやると、「吉野屋中田北店3月上旬開店予定」とあるのが目を引いた。やっぱり近所に出来るようだ。が、もうとっくに3月上旬は終わっているような気がするのだが。
No comments

3/23の暮らし

暮らし 23:09:00 天気:雨
 朝方はまだだったが、昼前から雨が降り始めた。それでも宵の口くらいまでは降ったりやんだりする程度だったのだが。
 21:00前に帰宅した頃から、天候が急変した。大粒の雨が横殴りに吹き付け、強風が雨戸を激しく揺らす。ベランダに吹き込んでくるような強風は初めてだったので、ちょっと驚いた。まだ雨が小降りだった時刻に帰れて良かった。
No comments

2000年3月22日(水曜日)

去る人

暮らし 23:07:00 天気:晴れ
 会社の同僚が名古屋に帰る事になり、近くの別の部署に配置替えになる人も含めた送別会に参加。僕は名古屋に何の未練も無いのでなんとも思わないが、名古屋出身の人たちの中にはうらやましく思っている向きもあるようだ :)
 帰宅したのは21:00頃だったが、既に頭が痛くて眠かったので、着替えてそのまま爆睡した。ここ数日、星を見る余裕を失っているな。
 しかし1:00過ぎに目覚めた後、寝付けずに朝までゴロゴロしている破目になった。慣れない事をしたせいだろうか。
No comments

2000年3月20日(月曜日)

ご近所出店ラッシュ

暮らし 20:02:00 天気:晴れ
 前日までのぐずついた天気はどこへやら、終日いい天気だった。しかし我が輩は終日部屋の中でゴロゴロしていたのだった。困ったものだ。
 さすがに16:00くらいに体が腐りそうな気がしたので、ちょっと近所の散歩に出かけた。望遠鏡を出すにふさわしい開けた場所を探した。途中に畑が多くて、結構開けた場所は多そうだが、土埃が多そうなのが難点だ。その他にちょっとした公園のような、舗装された区画もあった。街灯が過大に明るくなければ有望そうだが。
 国道に戻ってアパートの近所まで戻った時、最近建設中の建物の外に吉野屋のアルバイト募集の文字を見つけた。もしかして吉野屋がこんな近所に出来ちゃうんだろうか。するとかなり強烈に嬉しいのだが。CoCo一番辺りも出来てくれないかな。近所には中華料理屋、ファミレスも多いので、もう選り取り見取りだ。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 |...| 211 | 212 | 213 || Next»