Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 |...| 211 | 212 | 213 || Next»

2000年5月06日(土曜日)

秋葉へ

暮らし 20:46:00 天気:晴れだかくもりだか
 まったくもってはっきりしない天気が続く。いや日差しはあるのだが、春の朧に包まれていまいち現実味を欠いた太陽ではある。Sun Dog......幻日か。
 今日はどうしようかなと考えて、秋葉に出かけることにした。考えてみたらこの休み中に電気街へは一度も行っていない。去年の僕なら3回は行っていたね。人間、変わるものだ(電気街が望遠鏡屋と書泉に変わっただけ)。
 いつものようにやや遅め、14:30に出て、16:00時前には到着。今日乗った東海道線の便はやたら早く、途中で品川とか飛ばしていたような気がする。
 秋葉では昭和通口を出て、東海銀行に寄り、まずは書泉を攻める。いまだに仮想戦記モノが元気なのにはびっくり。まるで妖怪だ。最近の流れは戦国モノらしい。
 ここで「日本SF論争史」を探したが、1Fには無い。上のほうの濃い階にあるのかも。
 そのまま万世方面に抜けてKYOEIに寄った。ここでBORGの15*50(だったかな?)ファインダーを探したが、棚には無かった。こういう中物はスターベースのほうが強いかもしれない。
 我がBORG100EDは、現状ではファインダーは無く、4頭タレットの直結側にH50mmアイピースを着けてファインダー代わりにしている。これはこれで便利な構成なのだが(ファインダー軸の調整が不要なので)、タレット側に切り替える度にピントの調整が必要になるのは不便だ。それと100EDがかなり重いので、片持ち赤道儀がややへたり気味なのが気がかりだ。それをいくらかでも改善するために、思い切ってタレットを外してしまおうと考えるようになったのだ。このタレット、アイピースの保持がプラスチック管の噛み合いだけなので、重いアイピースだとすっぽ抜けてしまうのだ(事実、LV4mmは一度ベランダに落下している)。まあ軽いアイピースが揃ったらやはり便利なのでまた使うかもしれないけれど、欲しいのは重い広視界型なので、ここは外して重量軽減にも役立てようというわけだ。その代わりにファインダーと重い広視界型アイピースを着けると、結局元の木阿弥かもしれないが。
 結局、KYOEIでは天頂ミラーだけ買った。
 その足で電気街を回る。若松の地下でPalm用折り畳みキーボードというそそるアイテムを発見したが、僕自身が次にPalm3cを買うのかPalm5系を買うのかはっきりしなかったので、ここは見送りすることに。しかしこのキーボード、折りたたむとPalmと同じサイズで展開するとフルサイズになる。入力するという点に関しては決定打かもね。問題は展開した時点で、膝の上で入力できるほどの強度があるかどうかだ。
 小物をいくつか買って帰った。
No comments

2000年5月05日(金曜日)

ひたすら怠ける

暮らし 20:44:00 天気:晴れだかくもりだか
 誰だってそうだろうが、長い休みが始まる前には雄大な構想を抱くものだ。例えば数日かけて人の少なそうな地方を回ろうかとか、長編を一本書き上げてやろうかとか。そして多くの場合はその半分も達成できないのだ。僕の場合など達成率はWW2時の航空特攻の生還率よりも低かろう。
 今日も今日とてCDや本の整理をしようかなと思いつつ、実に夕方まで布団の中でゴロゴロしていた。雨戸を締め切って寝るので暗いのがいけないのだろうな。
 夕方にはさすがに体が鈍りきると思い、そろそろと起き出してゲームした。ダメじゃん。
 夜は夜とて空が曇って星が見えないので、グダグダと本を読みながらネット沈没する。不完全燃焼率99%といえよう。
No comments

2000年5月04日(木曜日)

連日のオフ

暮らし 20:41:00 天気:晴れだかくもりだか
 前日の高揚感がいまいち冷めないまま、今日は今日であざみ野のオフに出かける(暗黒系)。
 あざみ野までは地下鉄一本だが、我が立場とは逆方向の終端側なので、ざっと一時間ほどかかる。
 あざみ野到着は12:50くらい。集合時間は13:00となっていたが、どうせ時間どおりには来ないだろうと高を括り、ゆっくり集合場所に向かった。集合場所の東急改札口に立ち、13:00になる頃にも誰一人来ない。5分経ったら速攻で帰ろうと思っていたら、我がPHSが振動した。取ると、笑夢君だった。実はちょっと前に掛けてみたのだが、ぜんぜん取られなかったのでどうしたものだろうと思っていたのだ。笑夢君によればこっちに向かっているという。30秒もしないうちに久遠さん、笑夢君、KAZUKAさん、瓜生さんが現れた。どこに出かけるというわけでもなくひたすらゴロゴロするために上京したという、なんとも謎めいた一団だ。
 このむさいともなんとも言い難い一団は、その足でパーミヤンに入り、適当な昼食を摂った。ここで思い出したのは、僕が今朝出がけにラーメンを食ってきたという事実だった。中華連発。しかも昨日も思い起こせば出掛けにスパゲティを喰らい、昼にもスパゲティを喰らったという。イタリアンも連発。さっき食ったものも忘れる若年性アルツハイマーなのだろうか。
 ここではソフトドリンク飲み放題なのをいいことに、実に2時間も粘る。それでいて料金は一人1000円少々だった。いつもながら、実に安上がりなオフだ。
 それからまあどうしようかねえ、などと無目的にあざみ野周辺をうろつき、この近辺にたくさんあるDAIOなるディスカウントストアに入ってちょっと買い物&物色。このDAIO、ロゴからしてLaOXにクリソツで、しかもLaOX専用商品なる扱いの品まで置いてある。資本関係にあるのだろうか。
 ここでへたりかけてるMP-MANのガム電池を買い替え、PC関係やオーディオ関係の売り場を放浪する。最近のオーディオの安さには驚く。いや、ハイエンドは以前と変わらず高価なのだろうが、5万円程度でCD&MDのミニコンポが手に入るのだ。この値段なら一台くらいあってもいいかなと思う。
 この店内にあるコーヒーショップで一休みして、今度は本日のメインイヴェントである焼肉食い放題に突入した。店はあざみ野から二駅のセンター北にある。このセンター北駅、実に堂々たるショッピングモールを抱えていて、いかにもこれから拓け行くという気にさせてくれる。場末の侘しさを漂わせた立場駅周辺とはえらい違いだ。
 この食い放題系焼肉屋は基本的にセルフサービスで、勝手に肉やらなにやらを取ってきて喰らうというスタイルだ。最近、部屋にこもりきりでカロリー消費が少なかった僕の食い気はほぼゼロゼロで、関西組や笑夢君の旺盛なる食欲を眺めているしかなかった。この店は「食う」と決めて入るに限るだろう。何の気なしに入って雑談に耽るような店ではない。事実、ここではほとんどなにも話さなかったと思う。
 タイムリミットが来て、一人3000円なりを払って店を出た。僕はなんとなく気分が乗らず、また今夜は星空が呼んでいるような予感がしたので、ここで一行と別れた。
No comments

2000年5月02日(火曜日)

湘南台に

暮らし 18:28:00 天気:晴れ
 体が腐りそうだったので、午後に湘南台へ出た。
 天気が良いせいか、湘南台公園には多くの家族連れが遊んでいた。公園は緑が萌えさつきが花開いて美しい。時間をかけて図書館の方に歩いた。
 図書館は休みだった。ありゃ、そうか。仕方ないので本屋に寄り、ケンタで鶏を喰らって帰宅した。
No comments

2000年4月29日(土曜日)

秋葉の裏へ

暮らし 20:16:00 天気:快晴
 今朝方早くまで観望していたわりには快適な目覚めだ。もっとも、昼は過ぎていたけれど。今日は秋葉になんとなく行きたくなったので、14:30頃には部屋を出た。~
 秋葉に着いたのは16:00前。そのまままずはスターベース方面に向かった。途中のカメラ屋でなんとなく三脚を見ておいたのがポイントだった(なんのだ)。~
 スターベースでは漠然と「でかい双眼鏡が欲しい」などと思いつつ、展示してある品を眺めたり持ち上げたりしていた。店の前に高橋製作所謹製の60mm双眼鏡が展示してあった。蛍石を使ったアポクロマートというフローライト原理主義者が泣いて喜びそうな代物だ。確かにそそられる。しかし店内にはもっとたくさんの双眼鏡が展示してあった。宮内の60mm対空双眼鏡もある。だが一番気に入ったのはMIZAR(またかよ)の80mm双眼鏡だった。かなりの重さだが、操作感は意外に悪くない。なんといっても3万弱という価格が気に入った。少し考えて、とうとうコイツに決める。さらに帰り道のカメラ屋で適当なカメラ三脚を買い、その足で帰宅した。なんと今日は電気街方面に向かいもしなかった。大きな荷物があったからね。~
No comments

2000年4月28日(金曜日)

ぐうたらな一日

暮らし 17:14:00 天気:晴れ
 明け方まで観望していたので、目覚めたのは昼過ぎだった。少し起き出して昼食を摂った後、再び午睡を楽しんだ。今日はどこにも行かなくても、なにもしなくてもいい。とは思ったものの、各種料金と夕食の調達のために夕方に起き出し、出かけた。
No comments

2000年4月27日(木曜日)

早出

暮らし 20:11:00 天気:晴れ
 GW直前の慌ただしい一日だった。今日中にどうしても上げなければならない仕事があり、その関係で1時間ほど早出する羽目にさえなった。午前中に片がついたので早く帰宅しようと思ったのだが、作った書類の不備で差し戻しされるかもしれないなあなどと考えていたら定時になってしまった。ぐはぁ(吐血)。
No comments

2000年4月25日(火曜日)

寝れば寝るほどまだ眠い

暮らし 18:05:00 天気:晴れのちくもり
 昨夜は早めに寝たので7時間以上の睡眠時間は確保できたはずだ。ところがそれでも昼間は眠気に悩まされることになった。睡眠中枢が壊れた?
 とりあえず仕事に集中している間は大丈夫なのだが、ふと時間が空くと気が遠くなってしまう。サマータイムなんぞよりもシエスタを導入せんかい > 政府
No comments

2000年4月19日(水曜日)

危うしゴールデンウィーク

暮らし 19:37:00 天気:くもりのち雨
 どうも仕事の雲行きが怪しい。4月いっぱいに終わるはずだった仕事がずれ込んで、場合によってはGW中にまでもつれ込みそうなのだ。いっそのことGWを飛び越してしまえば問題は無いのだが(いや僕にとっては)、既に納入予定まで決まっているのでそう簡単にはいかない。なにせ、僕の担当は製品開発の最終段階なので逃げ出すわけには行かない。
 どのみち往復で4万弱の金がかかるので帰省するつもりは無いのだが、ちょっとどこかに出かけようかと思っていたのになあ。
No comments

2000年4月16日(日曜日)

一瞬だけ観望

暮らし 23:59:00
 夜中までとろとろと寝て、もぞもぞと起き出した。今夜は風が冷たい。室温も低めで、最近は開けっ放しのサッシを締め切ってしまった。ベランダに出ても濃いくもり空が広がっているばかりだ。やけくそになってしばしネット漂流を続け、3:00頃にさて寝るかとベランダに出ると、東の天頂付近に少しだけ晴れ間がのぞき始めている。早速ワイドビノで空を眺めた。噂どおり、ワイドビノで見る夜空は大変明るく、しかも星座が視界の中にほとんど入りきってしまう。これなら、都会の空でもかなりの星を一瞥できるだろう。口径40mmのオペラグラスというコンセプトが良かったのか、ロシアの光学設計の勝利なのか。
 翌朝、目覚めると空は憎らしいばかりの快晴である。今夜まで晴れが続けばいいのだが。

No comments

湘南台に出るかい

暮らし 19:27:00 天気:くもり
 目覚めると雨は上がっていた。しかし空は相変わらず鉛色だ。午前中に目覚めてしまったので、しばし布団の中でゴロゴロしながら妄想を巡らせていたが、そのうちに飽きて外に出ることにした。秋葉に出ようかなと思ったが、さして欲しいものも無く、図書館に行くつもりで湘南台に出かけた。
 今日は風がやや冷たい。少し寒が戻ったようだ。
 図書館では臨死体験の本を読み漁った。実体験派の本ばかりだったが、なんとも説得力に欠ける論理ばかりでうんざりする。確信はあるが、人に確信をもたらすに足る論理は組み立てられない場合が多いように感じられる。体験者に直接聞き取りするという作業を積み重ねた研究者ほど、実体験派に傾斜するようだ。思うに、話者の個人的魅力(臨死体験者の人格的魅力が増すことが多いのは間違いないようだ)に引きずられてしまっているのではないだろうか。
 だからといってすべてを脳内現象として片付ける事が出来ないのが面白いところだ。むしろ脳内現象+ESPというモデルのほうがすっきり説明できる。超心理学ともども読み進めると面白い分野だと思う。
 帰りに湘南台のWaveEyeに寄った。最近改装して、売り場面積を広げている。適当なプリンタサーバ(プリンタのパラレルポートに取り付けるタイプの小さいやつ)が欲しかったのだが、あいにく扱っていなかった。こういう濃い品は秋葉じゃないと駄目かも。
No comments

2000年4月13日(木曜日)

死にそう

暮らし 20:18:00 天気:晴れ
 前日、遅くまで夜更かししていたせいか、なんだか調子が悪い。動悸が止まらなくて、頭がふらふらしている。熱っぽくは無く、逆に全身が冷たい感じ。半分死んでるような気分だ。今仕掛かってる仕事が細かなトラブルの連続で一向に終わらず、鬱憤がかなり蓄積されているせいかも知れない。まあ、早く寝ろよという天の声なのだろう。
No comments

2000年4月10日(月曜日)

風は困る

暮らし 20:09:00 天気:雨と風
 雨のしょぼ降る一日だった。
 雨の量はそれほどでもないのだが、風が困る。特に遮蔽物の無い道路沿いでは、強い風に雨が吹き付けられ、さらには柔な折り畳み傘まで壊れそうになる。災難だ。
No comments

2000年4月06日(木曜日)

久々に休む

暮らし 20:59:00 天気:くもり
 前日、深夜までどんちゃん騒ぎしていたので(嘘です、ひざを抱えて黄昏てました)、目覚めは最悪。そのせいか、起き抜けに腹が異常発酵している感じだった。地下鉄でピーは恐怖なので、さっくり休む。が、これは食中りの前触れだったようで、会社に電話を入れてまもなく吐いた。うげぇ、少し痛んだオレンジを食った祟りか。ともあれ、水分を摂り、梅干パワーに頼った治療を試みた結果、夕方までには快復した。
No comments

4/5の暮らし

暮らし 20:56:00 天気:くもり
 くもりというか、雨だけど。
 昼に、新会社の設立式が執り行われた。設立式というより結社式かな。なんだかKKKの集会みたいで楽しそう(KKKは嫌だが)。
 実際の式典は楽しくもなく、新執行部の顔ぶれを眺め、多少の演説を拝聴しただけのものだった。30分で終わったのが救いだった。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 |...| 211 | 212 | 213 || Next»