Strange Days

HOME > Strange Days > | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 || Next»

2000年2月04日(金曜日)

2/4の暮らし

暮らし 19:22:00
 死にかけながら仕事の1日。なんか、かなり心臓にキている感じ(危ない)。程々にセーブしながら、しかし会議では危うく舟を漕ぎかけながら(滅)、なんとか定時を迎えた。しかし今の子供は「舟を漕ぐ」の語源を実感できるだろうか。艪なんて見た事無いだろう(いやまて僕も無いぞ)。時代劇があるから大丈夫か。
No comments

2000年1月31日(月曜日)

1/31の暮らし

暮らし 20:11:00
 最近、テレホーダイベースで生活しているせいか、夜が遅い。邪悪なチャットに余裕でフル出場出来るくらいだ。お陰で朝はフレックス出勤三昧。お日様が白く眩しい時刻に通勤だ。人も少ないし気持ちがいい。
 さて、例のボーグ望遠鏡の件だが、帰宅してメールをチェックすると返事が入っていた。在庫ありだという。買えたぜ! モノが届くのが楽しみだ。
No comments

2000年1月30日(日曜日)

笑夢っち救援オフ

暮らし 23:06:00
 さて、今日は笑夢っち救援オフの日だ。モバイルギアに味噌汁を飲ませてWebブラウジングの術を失った笑夢くんをそそのかし、なにか笑える機械を買わせようという趣旨だ(ちょっと違うかもしれない)。
 朝、ゆっくり起き出して軽く食事を摂り、9:30には出た。秋葉までだいたい1時間強と見積もっていた。前日、あれやこれやで良く眠れなかったのだが、電車では座れなかったので眠る事も出来ず、熱っぽい頭を抱えてボーッと窓の外を見ていた。なんとなく不調だ。それが寝不足だけのせいじゃないのに気付いたのは、新橋で山手線に乗り換えてからの事だった。急に腹部の不快な緊張に気付き(笑)、後は早く秋葉に着け~とばかり念じる羽目になったのだ。
 秋葉原駅では後の事を考えて昭和通口側に抜け、そこのトイレで用を足した。どうも腹が異常醗酵している感じだ。先行きに不安を抱いたが、しかしここですっきりしたためにそれ以上困る事はなくなった。
 東海銀行で多少の金を下ろし、電気街口側を裏手から急襲した。待ち合わせ場所には既に笑夢くんと細身の男性が立ち話をしていた。その男性は、首都圏初登場の海坂さんだった。おや、と思ったのはもげっちこと妄言王とクリソツな事だ。妄言が申すところの影とは海坂さんの事だったのか!(面白いから以降そう決めた)。
 笑夢くんいわく、久遠さんは急な仕事で来れなくなったそうだ。うーむ、それは残念だなあ。厳しい業界で暮らしているようだ。では後一人のいしかわさんは? 笑夢くんが電話を掛けると、ごく至近距離に立っていた見覚えのある女性が突如として行動を起こした。いしかわさんだ。待ち合わせ場所のコンビニを挟んで駅よりに立っていたので気付かなかったのだ。無事、本日の参加者は合流を果たし、さっそく昼食を摂りに丸五に向かった。
 今日の頼りは我がWorkPadに仕込んだ秋葉マップだ。これは「秋葉で安く買う会」の人々が世の役に立てるために公開してくれたもので、秋葉の各種ショップ、飲食店が的確なコメント付きで掲載されているものだ。このお陰で中古関係に疎い僕にも現地案内人面が出来るというものだ。
 秋葉で高額な買い物をする度に寄るトンカツ屋丸五は、しかし開店時間が11:30で、まだ間がありそうだった。そこでまずは九十九本店付近にあるソフマップの中古ショップを当たってみる事にした。そこではWindowsCE機、Libretto、その他モバイル機器がそれなりの値段で売り出されていた。全て中古である。
 その後、丸五がなかなか開店しないのでもう1軒アプアプに寄った。ここにもたくさんのCE機が並んでいたが、目を引いたのはモバイルギア2の大型機、ノートPCサイズのCE機で、画面サイズは800*600と我がTP235並みにある。可動部分が無いので確かにモバイル向けではあるだろう。しかしここまででかいとなあ。
 ようやく丸五に入った。丸五の2階には初めて入った。奥よりの座敷に席を取り、さっそくめいめい注文した。ここ数日の不幸ぶりがあまりに笑えて気の毒なので、笑夢くんの分は僕が持つ事にした。これで一生俺様の奴隷だな(態度 too Big)。
 ここでいしかわさんが先ほど見たモバイルギアと同クラスのCE機を取り出した。使ってみると、確かに起動が早くて入力もしやすそうだ。だがこれをPDAとして使う気にはならないな。取り出す事さえも億劫そうだから。しかし文章を入力する機械としてはイケているかもしれない。実際、PDAとしてはWorkPadがあり、これで不満はほとんど無いわけだ。しかしちょっとした文章を入力するのにもペン入力は苦しい。サムタイプも今のところお笑いのネタにしかなりそうに無い(もう少し僕の親指が細ければ良かったのだが)。そこでWorkPadと機能分担する文章入力専用としてみると、キーボード付きのCE機は悪くない様に思えてきた。Webブラウジングは、まあ常用しないだろうから、別にモノクロでもいいのだ。するとせいぜい3万円でかなりの機械が手に入る。見たところ、使えなくて手放す人が多いのか、中古の流通は豊富だ。こまめに探せば出物もあるだろう。逆にPalmはほとんど中古が見当たらない。
 笑夢くんはさっきのショップで見かけた巨大CE機に心惹かれているようだ。しかしあのサイズなられっきとしたノートPCも買える。ソフトウェアはどう考えてもノートPCの方が有利だ。そういうジレンマを抱えたまま、トンカツを平らげた一行は店を出た。
 続いて歩行者天国状態の大通りに沿って中古屋、ジャンク屋を見ていった。中古屋もジャンク屋もモノはPCが多い。ほぼ捨て値で売られている機械もある。懐かしのTP701も売られていた。これ、欲しかったんだよなあ。価格は1万円以下。
 一通り見て歩いて、最後に秋葉の雰囲気を味わうためにTwoTopにも立ち寄り、ひとまず作戦会議のためにルノアールに入った。
 笑夢くんの気持ちは巨大モバギに傾いているようだった。しかし使えるノートPCが5万円台で入手できる事も忘れられない様だ。
 一同、喫茶しながら談笑する。話題は、まあ大体人の悪口だが(爆)。その関係で(どんな関係だ)ここ数日アクセスできなかった笑夢くんのために、我がTP235を取り出してPHSでアクセスしてみせた。彼がいない間にも世界は回っていたのだ。
 笑夢くんは、最終的にアプアプで見かけた(実はアプアプだったという事を思い出すのにも苦労したのだが)巨大モバギに決め、カードで購入。ようやくネット島流し状態から解放された。
 ここで海坂さんは仙台に戻る関係で一足先にお別れ。またおいでよー。
 残り三人は古路奈に入って喫茶しながら、さっそく笑夢くんのモバギ2起動試験に立ち会った。筐体もピカピカで、ほとんど使用した形跡が無い。なぜ手放したのだろう。しかし安価に高性能機種を入手できたので、笑夢くんはご機嫌だった。
 ここでもしばし談笑し、17:00前に解散した。僕はもう一軒寄るつもりだったので、ここでいしかわさん、笑夢くんとお別れ。笑夢くんとはまた再来週だ。
 僕が寄るつもりだったのは、秋葉に店を持つ望遠鏡屋の誠報社だった。秋葉の外れに歩いていくと、確かにあった。店内は望遠鏡やパーツが整然と並べられており、かなりきれい。とりあえず場所だけ憶えて、その足で帰宅した。
 おっと、実は解散前にラジオセンターで六角レンチを買っておいたんだった。もちろん、昨日北欧家具に惨敗を喫した苦い経験が要求したものだ。帰って、北欧家具に俺様の実力を思い知らせてやろうと北欧家具の付録品を調べてみると、ありゃ、ちゃんとレンチが着いている(滅)。駄目だ、またしても大敗だ。もはやとり返しがつかないほどだ。おそるべし、北欧家具。
 気を取り直して組み立てると、小奇麗で便利そうな家具が出来上がった。これでようやく身の回りが片付く。
No comments

2000年1月29日(土曜日)

笑夢っちの苦難

暮らし 20:21:00
 笑夢っちは、昨夜は鍵を紛失して危うく宿を締め出されるところだったらしい。おまけに手数料かなんかで1500円も毟り取られたらしい。こうなるとなにかに呪われているとしか思えないな。笑えるが。
No comments

家具が来る来る

暮らし 20:21:00
 さて、さっそくテレホーダイの対象番号を変更し、ゴロゴロしていると、いよいよ家具が届き始めた。もう次々にやってくる。それらをとりあえず積み上げ、とりあえず小さな組み立て家具から掛かった。それは北欧製の家具のアウトレットで、5000円で買ったものだ。さっそく木屑を散らかしながら組み立てに掛かったが、最初の部品ではたと手が止まった。組み立てには6角レンチが必要なのだが、手許に無い。明日秋葉に行った時に買ってくるしかなさそうだ。情けない気分でそのまま投げ出す。
 次にCDラックを組み立てる。これはかなりの枚数を置ける可変幅の製品で、30分ほどで組み終わった。サイズもそれなりで、手許のCDは全部収納できそうだ。これは良かった。
 座椅子を出してみた。肘掛け付きの大型のものだ。これは予想外に大きく、立派なものだった。スーパー親爺椅子と命名した。しかしこの親爺椅子、座面が高くて床に直置き状態のPCを使えない。やむなく和み用に背後に押しやっておいた。PCラックは未到着なのだ。
 続いてキッチン用のチェストを引っ張り出したが、これがなんとキャスターが砕けている。輸送中の破損らしい。交換してもらわなければならない。
 最後に隙間用の細長い本棚を組み立てたところで力尽きた。後は来週だー。
No comments

2000年1月28日(金曜日)

危うし、笑夢っち

暮らし 20:01:00
笑夢っちの掲示板を見ていると、大変な状況に陥ってしまったようだ。持っていったCE機に味噌汁を飲ませてしまい、Webアクセスの手段が無くなってしまったそうだ。それでもPHSでメールだけは出せるようだが。そこで日曜日に秋葉に付き合おうとメールを出しておいた。さて、なにを買わせようかな(フフフ)。
No comments

2000年1月26日(水曜日)

1/26の暮らし

暮らし 20:56:00
 一応、全部のダンボールを開墾してみるが、重量的に一番食っているのは本だと痛感した。今までも面倒で引っ越しても押し入れに積んだままだったり、はなはだしい場合はダンボールを開けもしなかったからなあ。今回はきちんと本棚に整理するつもりだ。これだけある知的財産を死蔵させるのは惜しい(「おおさかのあほぢから」の類も知的財産なのだろうか)。
 とりあえずLinux機とWindows98機を稼働させて、これで全マシンが揃った。さっそくWindows98機でDOOMをプレイしてみたが、マウスもキーボードも床置きなのでつらい事つらい事。ラックが届くまでゲームは封印せざるを得ないだろう(というかゲームしても楽しくない)。
No comments

2000年1月25日(火曜日)

1/25の暮らし

暮らし 20:38:00
 通販会社からの受注確認メールがそろそろ届き始めた。クレジット決済の会社からは受注確認の、銀行振込の会社からは振り込み額通知のメールが届いた。さっそくATMで振り込んでおいた。何事も無ければ近日中に届くだろう。
No comments

2000年1月23日(日曜日)

さらば、六会

暮らし 20:48:00 BGM:The Aviator/Deep Purple
 午前中、旧居の掃除に向かった。昼までには済み、ようやく縁が切れた。静かな、その代わりに駅から遠すぎる場所だったが、結構住みよかったと思う。
No comments

2000年1月22日(土曜日)

1/22の暮らし

暮らし 13:47:00
 徹夜で(またかよ)荷物を整理し、昼前には掃除を始めていた。台所はクレンザーで磨き、何種類もの洗剤を使い分けつつピカピカにしていった。が、限界があるぜえ。1年以上蓄積されてきた生活の垢は、ホンの数時間で一掃するのは不可能だ。しかし運送屋が来てしまった。やむなく管理人に頼んで明日清掃して鍵を返すことにした。
 荷物は全て運んでもらったつもりだったのだが、掃除に気を取られて見落としがあった。踏んだりけったりだ(笑)。しかし運送屋の茶髪の兄ちゃんたちは、躾の行き届いた会社にいるようで、物腰も丁寧だし、親切でかなり助かった。少し救われたような気分だ。
No comments

2000年1月21日(金曜日)

新必殺技

暮らし 20:46:00
 会社を休んで荷物の整理の一日。本を半分以上片付けたと思っていたが、甘かった、まだかなり残っていたのだ。本を詰めた超重いダンボール箱を運ぶのは腰が折れそうになる。ベルトをギリギリまで締めつけて、ぎっくり腰にならないように気をつけつつ、ダンボールを積んでいった。PCは今週の頭に片付けていたので楽勝と思いきや、AV関係が結構ある。荷物を減らすべく前と同様にソフトウェアの箱を捨て、中身はラップでシュリンク・ラップする。最近生み出した荷物圧縮法だ。
No comments

2000年1月20日(木曜日)

1/20の暮らし

暮らし 20:46:00
 帰宅が遅くなって荷物の整理が出来なかった。助けて~;^_^)
No comments

2000年1月19日(水曜日)

1/19の暮らし

暮らし 20:45:00
 掃除を含めると土曜発送は苦しいと思い、金曜日は会社を休むことにした。毎回、引っ越しでは苦労してるなあ。金出してお任せコースを取った方がよかったかもしれない。
No comments

2000年1月17日(月曜日)

原状復帰

暮らし 20:44:00
 『退寮時には入居したときと同じようにピカピカに掃除しておいてくださいね』と管理人に釘を刺された。うーむ、ピカピカとはいうがそんなキレイじゃなかったような気がするのだが。気にしてなかっただけか。そんなに極端に汚れていなければ少々ゴミがあっても気にしない質なので、掃除はかなり手間がかかりそうだ(つまり現状は汚れている)。
No comments

2000年1月16日(日曜日)

1/16の暮らし

暮らし 20:43:00
 寒くてやる気の起きない日だ。ノロノロと荷物を整理する。しかしはかどらず。思ったより小物が多いのだ。かなり新居に運んでおいたつもりになっていたのだが。
 少し寝入っていたら「誰もいない部屋」を見過ごしてしまった。あれ、今夜は無かったのかな。なんにせよY2K勤務以来時間の感覚が狂ってしまっているようだ(八つ当たりか)。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 207 | 208 | 209 || Next»