Strange Days

HOME > Strange Days : | タイトル一覧 |
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 482 | 483 | 484 || Next»

2000年1月02日(日曜日)

日本人はつらい民族だ(司馬曰く)

思考 19:31:00
 「つかぬことをうかがいますが…」(早川書房、ISBN4-15-050232-3)という本を出勤途上に読んでいる。これはアメリカのNew Scientistという週刊科学誌(週刊だぜ)の末尾にある読者の疑問コーナーをまとめたものだ。日本の科学雑誌にも同じようなものが設けられていたりするが、違うのは答えるのも読者だという点だ。面白い事に、答えには誰も責任を取れない構造になっているのだ。必ずしも正解が得られるとは限らないのだ。
 例えば、「眩しいものを見るとくしゃみをするのはなぜ?」という問いがある。それに対する一人目の読者の答えは「光子が鼻に飛び込むからさ」というふざけたもの。しかしありえない事ではない(マジかよ)。そこで次の読者の答え。「光に反応するくしゃみ遺伝子があるからです」というこれもちょっと待てといいたくなるような答えだ。遺伝子に絡めればなんでももっともらしくなるってのか。ところが三人目の読者も「それはくしゃみ遺伝子のせいです」という回答をしている。しかもそれは全人口の10%程度に遺伝している云々......というまことにもっともらしい説明さえついている。うーむ、これは科学的事実なのか、それとも血液型と性格の関係のように科学的には証明されていない風説が流布しているのか、これだけではなんとも判断がつかない。ともあれ、欧米では「くしゃみ遺伝子」なるものが信じられているという事が分かる。~
 こんな感じで、権威ある専門家がずばり答えてみせる場合より、むしろ科学的な探求心を刺激するような作りになっているのだ。そういう意味では良書だと思うので、暇つぶしに読んでみる事をお勧めしたい(誰にだ)。
 寂しいのは、英語圏の読者(欧米や香港、他の非英語圏も)が和気あいあいと参加しているのに、日本からのそれはどうも皆無らしい点だ(熊本からの参加者もあったが、名前からすると在日外国人らしい)。日本は1億超の人口を持っているので、大抵のものは良くも悪くもその内部で賄う事が出来る。科学雑誌もそうで、権威という点で海外のNatureなどに遠く及ばないものの、科学総合雑誌や専門誌、一般誌など、大抵の種類は揃っている。それが英語圏にアクセスする必要を低めている観は否めない。日本人に、そのセルフイメージでも、また海外の人々のイメージの上でも異質感があるとされるのは、こうして大抵のものを賄ってしまえるが故の閉塞性があるように思える。とすれば、なんとも皮肉な話だと思えるのだが。

No comments

2000年1月01日(土曜日)

サクラ&ユイ特番撮り逃したり

テレビ 19:30:00
 正月なので先週のC.C.サクラを見ようとビデオを回したら(お染Bros.の様に唐傘の上でビデオをくるくる回している状況を想像してはいけない)、なんと第1話に巻き戻っていた。いや、NHKが第1話からまた再放送し始めたらしい。すると第1部の残りはどうなる? まあ俺的にはサクラの愉快な生活を拝めて満足だけど。知世ちゃんは最初から変だったのか。
 実は今日、16:00からサクラ&ユイの特番があったのだけれど、時間を間違って設定したため、ビデオに撮り損ねてしまった。ゆるすまじY2K。
No comments

2000年1月01日(土曜日)

雑煮

暮らし 13:28:00
 昼、元日くらい雑煮を食いたいものだと思っていたら、食堂で雑煮の振る舞いがあった。有り難い事だ。薄味の醤油味で具はほうれん草ににんじん、そしてもちろん餅だ。残念ながら冷めてたのでいまいち固かったが、正月気分を少しだけ味わえた。
No comments

和尚が二人でガンターン(謎)

暮らし 13:27:00 BGM:You Shook Me All Night Long/AC/DC
 一夜明けて元日。Y2Kも今の所はたいしたことになってない様だ。地震観測所のデータが止まるとか原発の表示板が消えるとか(ちょっと恐いけど)。まあ産業界は計画的に対策を打ってきたので、さほどひどい事にはならないだろうとは思っていたのだが。
 問題は明日以降立ち上がる金融、オフィス系だろう。金融系はトラフィックと信頼性の要求が半端じゃないし、オフィス系は無限に近い組み合わせを試すようなもので、どこでなにが起こっても不思議ではない。まあそれでも影響が局所化される事が期待されているわけだが。
 実際、問題はぼちぼち起きてはいるようだが、それほど広がってはいない。恐らく、それぞれ局所化された事象が方々で起きる、という程度で収まるだろう。去年は実家でいきなり重い風邪にやられてひどい新年を迎えたものだが、今年は会社に出勤するという凄惨な(笑)状況ではあったが、さほどひどい目には合わなかった。どちらにせよ、来年こそは平穏無事な正月を迎えたいものである。
No comments
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 482 | 483 | 484 || Next»